漫画村 NHK報道に関して思うこと。

個人的な疑問のメモ。

│結論

不必要なミスリードを用いることや根拠、確証になる重要点に触れず、権利者とは思えないNHKが、日本および海外で代理権があるのかなー。日本ではない違う国家に対し法的行為、請求権を行使したとのことで、私個人としては信憑性に欠けると思いました。

疑問2に関しては、サーバーを貸与していた会社が(運営者死亡)他に事業継続(買収?)をされているだけで、本当にいらない情報だと思う。

│疑問1

漫画村(日本)→プロバイダ(スウェーデン)→サーバ(ウクライナ)→Cloudflare(アメリカ)

『漫画村』の運営者と思われる人物を特定し、番組がその人物に電話したところ「私は運営者ではない、(管理している人も)答えられない」

ウクライナはアジアの企業とだけ返答。国に関しては開示拒否。

接続元のスウェーデンのアドレスと契約者を開示した?またはウクライナからスウェーデンを開示され、スウェーデンのISPが契約者を開示した?

│疑問2

運営会社を訪ねると1人の男性がでてきて「彼はもう4年半前にいなくなった、殺されたんだ」

このミスリードがイジワルな感じ。この情報は全くいらないと思う。現在のオーナーのコメントだけ必要で、この項目はいじわる

│疑問3

サーバーのオーナーの人は、借りているのはアジアの企業とコメント

貸与しているサーバーのオーナーが、提供先のアジア企業と答える。

│疑問4

誰が答えたかわからないけど、スウェーデンのISP?根拠不明。

貸与しているサーバーのオーナーが接続元のIPアドレスを開示して、そのアドレスがスウェーデンだったとしたら推測で確定じゃない。ISPに問い合わせて開示されていれば確証。

│疑問5

運営者と思われる人物を特定し、番組がその人物に電話したところ「私は運営者ではない、(管理している人も)答えられない」

この流れはどうやって?=ホワイトハッカーということなんだろうけど、舞台が日本に移って、Cloudflareに関しては、著作者の請求により開示するとのことで、NHKが出版社に委任をもらってウクライナまで到着は道理に沿ってるので理解。

ウクライナからスウェーデン、突然日本国内で運営者と思われる人・関係者の連絡先獲得というのが飛躍しすぎと言うか不思議。ホワイトハッカーといっても、司法警察官が令状とって協力依頼して行われた様子でもなさそうなので、違法収集証拠排除法則の適用により電話した相手が運営者だったとしても罪に問う事ができないようなきがする。

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。