太る原因 痩せる原因 空腹 満腹

以前は薬のせいにして太ることに関する記事を書きました。今回は根本的な太ること、痩せることについてです。

以前の記事

副作用 太る

丨結論

太っている人は、誘惑に弱い摂取をしています。

痩せている人は、空腹の時にはじめて食べます。

丨太る原因

・空腹に関係ない習慣の食事や間食

・消費に釣り合っていない

丨痩せてる原因

・食事量が少ない
・胃腸が弱い
・1日あたりの食事回数が少ない

丨空腹の違い

太っている人は、空腹のレベルが低いまま、耐えきれずに食べます。痩せている人は空腹レベルの許容範囲ギリギリまで食べません。

丨我慢の範囲?

食欲は大切な欲求の一つですが、自制心が強い人は我慢が出来てしまいます。

私自身の経験ですが、2日に1回でも耐えることは特別難しくはありません。かたや肥満な人はそこまで耐えられるでしょうか?

痩せ型の人は何も無理をして絶食しているわけではなく、集中力の高さから食事を忘れる程に忙しいこともありますが、単純に摂取量が少ないから太らないだけです。

丨太り方

・毎食後に整腸剤(エビオス錠)を飲むこと
・三食の習慣で無理にでも食べる
・油を使う脂も食べる

最初のうちは食べるのが難しいと思いますが、軽いウォーキングをすれば何とか食べれます。

食パンにチーズと刻んだベーコンを乗せて焼いてケチャップかけて1枚食べるだけでも何とか頑張ります。これだけ毎食食べてエビオス錠むことで8ヶ月で10kg太れました。かなり苦しく辛い日々でしたが実際に太ることができました。

丨痩せ方

空腹の限界まで食べない。高負荷、低負荷の運動も必要ありません。たったこれだけです。同じように生きているようで他人との食事の回数や分量は比較すると大きな違いです。

食事量が少ないけど太っている人は間食が多いことや結局1日あたりの摂取量が多いんです。

痩せの大食いなんて呼称もありますが、痩せてる人は一切の間食なく、1日でそれしか食べていないこともあります。勿論回数も含めて食べていることもありますが、記載した通り、胃腸が弱いことでしっかり吸収されていないからもあります。

丨痩せ方その2

高負荷の運動を食事前に行う。

食事前の運動は、空腹になりません。むしろ気持ち悪くなり、食欲が消え失せます。食べれるようなら負荷が低いです。息切れするまで全力で走ることを10回繰り返せば食欲消えます。

身体の回復が終わった後は当然空腹を感じるでしょうが、太っている場合はそれまで蓄えた脂肪が沢山ありますから我慢するだけで痩せていきます。

太っているのは食べ過ぎてきたからです。そして自制心が弱く食欲という誘惑に全く勝てないから、または戦ってすらいないからです。

コップに水を注ぐことと同じで注ぎ過ぎれば溢れます。食べ過ぎて消費が追いつかないから身体に余分に肉がついて太るだけです。

丨太っている知り合い1

・大学生で帰り道で買い食いしたいことを理由にアルバイトをする。

・昼食でコンビニのカツ丼と学食のカツ丼を2つ並べて食べ比べ。

この人は私の体重の二倍でしたが、当然な食事量でした。ダイエットする!なんて言ったりもしてましたが少しの運動は食事を美味しくするスパイスになっているだけだったことや誘惑に弱く自分に甘い言い訳ばかりで自制心が弱く太るべくして太ってました。

丨太ってる知り合い2

・喘息の薬を言い訳に毎月の食費が外食なしで1人で4万円。

きっちり3食運動もせず食べてました。これも太るべくして太ってます。

丨10年変わらなかった私の体重

私が無理して太る前の生活は10年変わりませんでした。

その生活の特徴は、空腹限界になった時に食べたいものを好きなだけ食べていました。平均で考えると36時間に1回のペースです。勿論毎回ではないですが大凡このくらいのペースでした。

仕事の繁忙期に入ると頭を使うことが多く、顧客一人に対して数字の計算を休憩なしで連続4時間、事務処理(ついでに記帳)、一人に対しての6ヶ月の仕事日程の計算、顧客毎の手順書作成、質疑応答と確認

こんな感じで必要なことをしていると、寝ないといけない時間になっていて食べる暇なくシャワーを浴びて寝て、翌日仕事に出てお客さんと会う前または会った時に食べれれば食べるか、機会もなければそのまま空腹を感じていても仕事を優先するため即帰宅で食事は後回しです。繁忙期の平均は2日に1回時間があれば食べたって感じです。

10年変わらない体重の維持では、特別運動をすることもありませんでしたが、これで維持されました。

後気になる点は、私は食事の好き嫌いが無いので偏食なく食べていたと思います。厳密にはレバーがパサパサして好きでは無い食感ですが、普通に食べました。わざわざ買って作って、やっぱりまずい!と感じながら食べてます。

時間がないため楽だからと冷凍や出来合いも食べてましたし、夜間も寝る前に外食したり調理していました。寝る前にケーキ食べることやアイス食べることも今でもあります。

食事の中身で大きく違う点は、油を殆ど使っていなかったと思います。サラダ油やオリーブ油の使わず、食材のみの油。または、豚肉などは炒めた時の脂をキッチンペーパーで拭き取り廃棄してたくらいですかね。外食ではあっさりが好きですがこってりした物も沢山食べてました。ラーメン食べに行くときは大盛りばかりで普通を頼むことはそもそもなかったです。中でも一番好きな食べ物はご飯です。お米です。おかず2割お米8割なくらい糖質制限?なにそれ?というくらいお米食べ続けてきてます。

一人で食べるご飯はお米好きもあり、おかずばかり食べることもありませんでした。他人と食べる時は目上が大半なので相手と同等か以下の料金のメニュー選択で、年下の時は気を使わせないため高めのものでした。

個人的には毎日同じメニューでもお米があれば我慢できちゃいます。繁忙期に冷凍牛丼20日間(1日1食)連続食べたことがありました。食費は節約したくても無理な節約でバランスを欠いてしまえば病気になるリスクもあるので、必要経費だからなぁ、という考えは今も変わりません。勿論美味しいものは好きですが、他人と食べて美味しい感動を共有できるならまだしも、一人で食べても共有できませんからね。

健康的かどうかでいえば、BMIは要注意の痩せすぎでしたが病気らしい病気もなく、知人がうちに泊まることで24時間以上いて空気感染させられる以外では風邪もひかず健康そのものでした。

健康診断でも血液検査でも体質で元々白血球が多い以外に引っかかることは一切ありませんでした。

丨食事を戻したら

痩せ方の私は緩やかに減少していっています。

太っていた人はリバウンドで戻るでしょうね。

丨太った理由

健康を心配されたことは10年の間で誰もが言ってきていましたが不都合無かったので気にもとめませんでしたが、なんとなく自分の身体で「太り方」の人体実験したくなったため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)