未成年 結婚 婚姻 方法

16歳で結婚等聞いたりもしますが、基本的にほぼないです。

737条で”未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない。”とあります。両親の同意がなければ、本人の意思だけで結婚は未成年者では出来ません。婚姻を行政としては16で認めるが、本人の意思だけでは行政は受諾しません。
20歳未満の結婚は経済的に損です。

丨損をする理由

未成年者は法律で守られていますが、婚姻の成立によって、成年者とみなされます。成年者とみなされるということは、16歳で婚姻をした場合は、契約の取消、各種税金の免除対象から外れます。これら支払いの免除から外れることは経済的に損であり、契約の取り消しが出来ないことは、リスクも多いです。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。