領収書 再発行 断られる 理由

領収書の再発行に関しては、いくらでも再発行はできます。再発行してはいけない理由はないですからね。

 

 

ただし、お店では領収書の再発行を拒否していると所はありますよね。特約がない限り一度発行することまでが責務のため、再発行は義務ではないので拒否することができます。

 

│なぜ再発行を拒否するのか?

推測ですが、再発行する領収書の金額によっては、収入印紙を貼らなければならないためではないでしょうか?

商品の売上で合計5万円以上の場合、収入印紙を貼らなければなりません。契約金やその他のものでは、1万円以上から印紙を貼らなければならないことになっています。もし5万円以上の商品を売り、再発行を希望された場合、再度収入印紙を貼らなければなりません。印紙代が発生すること、発行済でこれ以上に責務・義務はないため断るのかな?と思います。

それ以外では知らない、わからないためでしょうかね。

│発行時の注意点

世の中には悪どい人は多いので発行も注意が必要です。

例えば、金額のところでは、

¥○,○○○-

など、金額の後ろにハイフン(マイナス)を入れることも大切です。入れない場合は、勝手にゼロを付け足して領収額を増やす人もいます。

│但し書きも大切です。

再発行時には、「○月○日分、再発行」等記載することも大切です。銀行での支払がなされている場合も、振込にて領収済み等、但し書きに記載し、不正に巻き込まれないようにしましょう。

 

銀行での支払に重ねて領収書を求めるのは、特に必要はありません。銀行の手数料分が印紙代相当分となっていたり、銀行での記帳により証明が容易いため、領収書を重ねて必要とはしません。

必要とする理由は何かあるのかもしれませんが、人によっては領収書を用いることで二重計上し、経費を増やし、売上を減らし、まあ平たく書いてしまえば脱税目当てな人も世の中にはいます。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。