風邪 病気 伝染 傷害罪

風邪をひいていて、誰かにあったりすれば、風邪が伝染ることは、大体の人は弁識(べんしき)できますよね?

┃誰かに風邪、病気を感染させた場合

傷害罪に問われます(問えます)。本来は傷害罪です。ただ被害にあう人が知らないので被害届を出さない、または知っていても面倒だからしないだけ、です。

風邪が伝染る可能性を認識しながら、それでも防ごうとしなかったことは、故意ですよね。確定的故意とは、結果発生しても構わないという意思です。

あとは、例えば病気、風邪をひいた人を出勤させてはならない、とかもあります。理由は、労働法にある安全配慮義務があり、義務違反になりますからね。

┃故意とは

簡単にいえば、 「わざと」することです。
よく確信犯と呼び間違ってる人はいらっしゃいますが、確信犯とは意味が全く異なります。

┃確信犯とは

犯罪の実行者の「政治的、宗教的な思想等」により、法律上は罪であり、罰則もあることは弁識しているが、思想のため許されると解釈した犯罪のことです。

故意犯と確信犯は全く違います。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。