更新料 家賃 勘定科目 経理 経費 帳簿

家賃等、更新料の勘定科目についてです。

毎年確定申告の時期になるとアクセスが非常に多いです。

│更新料

事務所を借りていても、自宅兼事務所としていても、賃貸借契約の場合は、更新料ありますよね。

 

│勘定科目・簿記

更新料に関しては、20万円以上では、「繰延資産」として減価償却5年で行いますが、20万円未満であれば、一括で経費にできます。

経費として選択する勘定科目もあるのですが、例えば支払い手数料、地代家賃等です。

不安になったら、ネットで調べるよりも相応の場所に問い合わせましょう。



納税地の税務署にでも電話して聞いたほうが確実ですよ。

│繰延資産とは

繰り延べを言い換えると、延期みたいなものです。

敷金の場合は非常にわかりやすいですよね。一時的な担保金としての敷金。退去時に原則全額返金されるお金で、そのお金を得た時に、一時所得や雑所得、売上高にするべきか?というとそうじゃなく、元々所有していな資産が返ってきただけです。

なので、繰り越された、延期された資産=繰延資産と書くとわかりやすいですよね。

20万円以上の更新料が繰延資産の理由は、税務上決まってるそうです。

別の話になりますが、言葉の意味合いと合ってないよね。と思うのも自然ですが、実は更新料も敷金と同じ作用として「返還されるお金」とされる根拠があり、その根拠は消費者契約法10条です。京都で訴訟があり、原告側の勝訴となり敷金及び更新料の全額の返還命令という判決がありました。

個人情報保護士 通勤講座

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。