簿記 会計士 税理士 資格 違い

簿記や会計士、税理士の資格の違いはわかりますか?

税理士の資格を持たない人

が、税務書類を作成、他人の確定申告書を作成するのは税理士法違反です。具体的には第一章総則に記載される第二条に記載されていますが、他人の求めに応じ、税務代理、税務書類の作成、税務相談を行うことです。(会計士も登録をしていないダメです。)

┃会計士

財務に係る書類作成で貸借対照表(バランスシート)等、をあれこれ言える資格です。

会計士の資格を持っていても税理士会に登録しないで税務に係る業を行うと違反で逮捕されます。

会計士も税理士に登録をすれば会計士、税理士の2つの資格を有することが出来ます。

┃弁護士

税理士に登録すれば
・弁護士資格
・税理士資格

の両方の資格を有することが出来ます。

┃簿記

日商簿記は資格としては弁護士、税理士、会計士に比べれば弱く、簿記1級の資格があっても税理士登録することはできません。





投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。