パソコン ウィルス 感染 防ぐ 駆除

パソコンのウィルス感染被害は、不安を煽る広告ばかりなので「怖い」と認識している人はいますよね。

 

実際に注意喚起するためには煽るべきですし、当然は当然です。ただウィルス対策ソフトを入れたら「100%大丈夫」というわけではありません。

例えば昨日のニュースですが、Windowsを作るMicrosoftでも200万件のウィルス検出をしています。

サーバー向けのSCEPやClient向けのMSE、Windows Defenderを利用していてもこうなります。当たり前は当たり前なんですよね。変な動きをしてるかどうか、動作、動向を見てやっとわかることなので、新しく生まれるものを生まれる前から知ることはできないですよね。

セキュリティソフトに脆弱性

上記の記事のように、セキュリティソフトが原因で攻撃をされることもあります。

対策は一体どうすれば良いのか?ですが、結局は完璧な方法はありません。スタンドアローンでインターネットに接続しないということをしても、感染します。

感染しやすい人には共通点があります。

警告を読むこと、フリーソフトをインストールする時に表示される文章を日本語でも英語でも読まずに、承諾してしまうことから不具合を引き起こすことがとても多い共通点です。

メールの添付データに関しても、差出人が不明なものを開いてしまう等、明らかではないものを疑問も持たず承諾してしまう、開封してしまう、実行してしまう。これが全ての根本的な原因です。

英語のソフトを入れて説明文を読まず、クレジットカードの番号を入れることを要求され、そこで入力してしまう人もいるんですよね。まず読みましょう。それだけで9割減ると感じます。

わからないということは、怖いこと、恐怖だと思います。ですが感染してる人の大半は、わからないけど、読まないで承諾しています。読んでください。それが出来ない方は、サポートに手間、時間が尋常では無いほどかかってしまうので、PCデポのサービス料金でも適正価格と思います。

言葉が通じるけど話が通じない相手のサポート価格としてのみPCデポの価格は間違いでもないと思います。ただし、それ以外の必要ない人に必要がないものを売りつけることが事実であった場合や、ノルマ達成のために行われたという逸話が事実である場合に関してはソコの部分だけダメだと思います。

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。