パケット 20GB 6000円

違うそうじゃない!と思う人は多いと思います。[amazonjs asin=”B00FVH4Z8K” locale=”JP” title=”違う、そうじゃない”]

ソフトバンク月額6,000円で20GB

 

格安SIMやその他がようやく認識が広がり、総務省からどうのこうのと値下げのための費用が長期ユーザーではなく、新規ばかりに使われることを是正した結果、端末価格があがり、消費者の負担が増加している逆な結果を生み出してる昨今ですが、ソフトバンクの定額20GBで6,000円は「単価が安くなった」でしょうけど、毎月の支払を安くする結果には繋がりません。

違うそうじゃない!と思います。そもそもパケットの量が少ないからって人が格安SIMへ移動なんてしないですよね。

20GBで6,000円は単価が1GBで300円と割れますが、1GBで300円のプラン出してよ!って話だと思います。

基本料は従量制で通話定額もいらないって人が格安SIM買ってますよね。格安SIMにはカケホーダイないですからね。1GB324円、基本料1008円、接続サービス324円で月額1,656円で持たせてくれって思う人多いのではないでしょうか。

ただ、ソフトバンクのこのプランのおかげで、相対的にドコモのシェアパックが割高感が高まりました。ドコモの出方がちょっと楽しみですね。

ドコモではシェアパック5GBで6,500円(税込7,020円)なので、バンクでは20GBで6,480円ならドコモは割高になりますよね。

 

auも追従しスーパーデジラとして20GBを同額で発表しました。それに伴い、ソフトバンクはパケットの繰越上限を撤廃など改善しました。

auのスーパーデジラは、既存の8GBや10GBの新規申し込みは終了するようですが、既に使っている人は既存が維持され高額です。疎い人はそのまま高額支払うことになりますね。自動的に変更でも消費者にとっての不利益変更にはならないのでしてくれても良いと思いますが…。

残すはドコモです。

ドコモ 追従 パケット

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。