お金の貸し借り

トラブルが嫌いな私ですが、私は金銭の貸借をします。

直近10年は借りることはなかったですが、貸すことはあります。どうしても「本人以外が原因」とした大変な時はあるので、必要に応じてやっぱり貸してしまいます。条件として返済プランが合理的であること、借用書を書くことが条件です。リスク0では貸与しません。人生で一度だけ人にお金を借りたことがあるのですが、その時相手から望まれませんでしたが借用書を自分で作成し、借りた記録を相手へ持っていきました。返す意思がある人は誠実にリスクを背負う人なので、借用書が書けない場合や返済プランに合理性がない場合は指摘して改善できなければ貸しません。貸倒れになってしまったことは未だないです。

普段の会話の中にも法律の話その他が出るので、金銭の貸付を拒否したことで切れる縁もありません。私のこの生き方で知人に言われたことですが、私を相手にトラブルになったなら、お金で済ませるほうが楽と笑われたことがあります。

お金返さないなんてやったら、裁判してくるのは明らかで記録まで取ってるし、長時間かかっても逃げ切ることが絶望的だからトラブルになりたくないって言われました。

人間関係で一番楽なことは、怒らせたら本当に面倒であることを周知してもらうことかもしれませんね。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。