日本通信 SoftBank 総務省へ申立

プレスリリースはこちら

SoftBankが接続を拒否しているそうです。SoftBankは事実ではないと発表をしていますが、事実でしょうねって思います。

SoftBankの行ってきた行為の歴史を振り返るとどうにも。未だにMVNOでSoftBankはないですしね。設備使わせるのが嫌だってことでドコモやKDDIの料金から比較して2倍以上3倍程度の卸値を設定してるなんて2年くらい前に聞いてます。それが本当か別としても

電波をE-mobileに割り当てられ即座にE-mobile買収、買収しておいたWILLCOMと合わせて、第四の携帯キャリアとしてデビューさせ、新しく割り当てられたE-mobileの電波帯をSoftBankでも使えるようにして、等。そういう行為をするから総務省から色々指摘され割り当てられた電波を返上したくないため全く別として独立させるしかなくなったとか。

分割購入した人の支払履歴をSoftBank側だけの一方的な間違いで未払い扱いになりカードやローンで審査通らない人が出ていたとか。

天下りだなんだとNTTやKDDIを批判していたけど実際は一番天下りを受けてたのがSoftBankだったりとか。

サービスでのアメリカ放題も突然やめて高額発生等、ほんと騙し討みたいなものが多いですよね。

最近ではSoftBankからのショートメールに日本ユニセフの募金があり、毎月1万円ずつ携帯代と合算した募金が発生し、身に覚えがない人が続出とか。

そもそも割賦金販売とか実質とかそういった販売方法の先駆者なわけで消費者をいかに煙に巻くかみたいに感じるんですよね。接続率ナンバー1の広告なども調査会社は全て関連会社だったり、接続率の定義が曖昧で明確ではなかったこととか。

もう胡散臭さがずっとつきまとっているので日本通信もベストエフォートながら品質は劣悪だったので個人として好きではないんですが、まだここよりは…と思えてしまったり。一企業で申立まで行う上で事実無根で見切り発車なんて合理的ではないでしょう。ありえなくもないのかもしれませんが、個人ではなくて企業としての判断での行為ですからね。

批判してるつもりはないんです。ただ事実としてあったこと思い出すと関わることが怖いところだと思います。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。