歩きスマホはなくならない

歩きながら本を読んだり、歩きながら飲み物飲んだり

┃昔からあります、変わりません。

逆に歩きながら何かすることを美談にすらしています。

流石に知らない人は日本人では居ないと思うのですが、二宮金次郎って知ってますか?学校に銅像建てられてた人ですね。

歩きスマホ反対派なんですけど、ふっと二宮金次郎像の話を聞かされたことを思い出したときに、同じながらでもスマホよりも小さな本の文字を読み「ながら」労働することが良いこととされていました。

┃スマートフォンの方が

ピンチ・イン(アウト)でサイズ調整もでき本より文字は大きくなり見やすいんですよね。もちろん学生は勉強にも効率的に利用してる優秀な人もいます。なので歩きスマホの方がまだ、歩き読書よりも安全です。二宮金次郎像を美徳として崇めてた人は歩きスマホに文句言えないだろうなって思いました。

と、思ってたのですが、撤去される流れのようです。かつての美談として教育していた人達は手のひら返しちゃいました。

別の意味で児童労働は虐待であるなんて主張から二宮金次郎像は有害で排除すべきなんて意見ありましたが、それは豊かになったからであって未だに労働法でも児童でも働けます。13歳未満でも映画や演劇(テレビドラマなど)関連で労働法適用で労働者になります。13から15も新聞配達など昔から今も働けます。ただ所轄の労働監督署で労働監督署長の許可を得れば仕事の内容も限定されますが働けます。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。