突然仕事がなくなったら?① 解雇 無職 家賃

就労相談というのが役所にあります。

こちらを利用することで、突然雇い止めになることになったり、預金などが一切なく困窮することになっても、生活保護の手前として援護が得られます。

具体的にこの制度では、失業給付に似ているのですが、就業意欲があることが前提になりますが、原則家賃分(上限あり)を給付してもらえるようです。

何からしたらいいのかわからない人は多くいるようですが、まずはこれですね。就業意欲があること、ハローワークへ行くこと、就業のための努力というか、監査もあると思うので、それを証明することで3ヶ月おきに更新とし最大で9ヶ月給付が得られるようです。家賃分としてなので、上限が5万5千円付近だったような記憶です。もう少し細かい金額でしたが、必要なら役所で聞いてください。

住居確保給付金という名称だったと思います。この給付金制度は、同一住所の収入でみられます。世帯を分けて世帯収入を下げるであったり、ルームシェアによるものは対象外になります。親族および姻戚(いんせき)に関係ない人と同居している場合も給付対象外です。

厚生省のホームページでも色々記載ありますよ。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。