突然仕事がなくなったら?② 解雇 無職 家賃

突然仕事がなくなってしまったら第二回目です。

前回の記事では、

突然仕事がなくなったら?① 解雇 無職 家賃

 

住宅の給付に関して書きました。生活保護の前段階のような制度ですね。次にあるのは、恐らく困るのは、健康保険の支払ではないでしょうか?

前年度の年収に応じた分割または一括納付での税金ですが、結構な金額ですよね。大雑把に記載すると、前年度500万円あったとしたら、分割で健康保険だけで毎月5万円程度でしょうか?年間60万円に年金として、結構な負担額ですが、毎月平均41万円くらいあった稼ぎが突然無くなるとしたら、支払はまず無理ですよね。

そういった時、放ったらかしてしまう人、結構いるようなんですよね。こういった時は即市役所行きましょう。そして現在の収入状態が良くないことを伝え手続きを行えば、支払が一時緩和や停止になります。もちろんちゃんと勉強して行かなければならないのですが、軽減は必ず出来ます。

年金の支払も同じようになります。こちらは前年度の所得でダメかもしれませんね。ただ、やむを得ない理由として提示できれば可能なはずです。もちろん徴収することが仕事なので、一筋縄ではいかないこともあるかもしれませんが、今の市役所の職員の(若い)人は、頭がいいので大体なんとでもなると思います。

手続きを手伝うために付き添ったことが何度かありますが、話が通じます。一つ問題があったとしたら、免除対象なのに猶予と勝手にやろうとしたことがありました。それくらいですかね。免除と猶予は全く違います。気をつけてくださいね。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。