旧姓 新姓 ブラックリスト 審査

婚姻によって姓が変わることでブラックリストが突破できるのでは?と聞かれたのですが、恐らく無理です。

私は審査する側の人間ではないですが、流石にそんなに甘くはないと思います。理由は2つありますが、

①履歴がないスーパーホワイト+年齢
②身分証明が免許証ではない

これに該当すると、ほぼ無理だと思います。根拠としては、履歴の無いスーパーホワイトになると年齢によりブラックリストに入り、その後自己破産し、5年経過しCICから消滅しスーパーホワイトになっている可能性から1で怪しまれると思います。ここだけで落ちることもあるでしょうね。

2番の身分証明が免許ではないこと。これは一番大きいと思います。旧姓と新姓の変化があっても、免許証の番号は維持されます。この2つを考えると、金融事故を先に起こした時に身分証が免許以外で審査通っていれば、二度目の新姓になったときに免許証にて審査が通ってしまう可能性はあるのかもしれません。

一昔前では、専業主婦であってもカードは容易に作ることが出来ました。それは旦那さまの属性に従ったもので、債権者本人は旦那様の支払い能力で担保されるだろうという判断ですよね。これは、様々なことがあり審査は原則本人となり通らなくなったと聞きました。

私は今のところ縁がないのですが、仮に私が金融事故起こしたら免許証しっかり送付で身分証明に使っているため、審査に通らないだろうなーと思います。

何にしても、お金の管理は大切ですよね。借りたものは返さないと駄目ですね。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。