中国 スマホ 危険性

中華スマホが危ない、なんてお話聞きます。聞いたことありますか?

価格が安い分、個人情報の全てを収集し賄っているという話や、データを収集したがっているのが企業ではなく中国という国であるなんてお話もありますね。そういったスマートフォンなど端末を出している会社の社長の経歴がどうの、なんてお話もあったりします。特に気にしない人はそれで良いと思います。ただ企業に勤めてる人やある程度立場がある人は意識しないとよくないです。

LenovoのWindowsに関しては、Lenovoのプリインストールアプリや、ドライバのアプリ等にWindowsのシステムを書き換えてデータを盗んでいく仕組みが報道されたこともありました。

得体の分からない気持ち悪さの問題でいうと、Androidに関しては、個人情報のすべてはGoogleが収集しているものもありますし、全てクリアにはなりませんよね。その辺考えるとFBIの協力要請も拒否したAppleの個人情報に関するスタンスは現状では一番良さそうですが、大した立場がないこと、迷惑掛ける相手がいない人は気にしないで良いものです。

Huaweiの社長の経歴を調べてみるのも良いと思います。

Wikiの引用になりますが

“2012年10月、米連邦議会下院の諜報委員会 (The House Intelligence Committee) は、ファーウェイと中興通訊(ZTE)社の製品について、中国人民解放軍中国共産党公安部門と癒着し、スパイ行為やサイバー攻撃のためのインフラの構築を行っている疑いが強いとする調査結果を発表し、両社の製品を合衆国政府の調達品から排除し、民間企業でも取引の自粛を求める勧告を出した”

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。