アクティベーションロック 確認できない

現在出来ません。

 

昨日気が付きました。アップル製品のハッキングに利用されていたようで、脆弱性発覚の結果現状出来ないようです。

┃どのようなトラブルがあったのか

アクティベーションロックのページにて、iPhone、iPad等シリアル番号の確認ができることを利用し、他人の端末にロックをかけるハッキングとロックのかかった端末に他の端末のシリアルナンバーを書き込み、ロックを解除してしまうことがあったようです。

 

┃問題

アクティベーションロックがかかっている場合、利用できないものになります。

ロックされていることで様々な機能制限が発生します。また、ロックを解除出来る人がiPhone、iPadを利用不能にすることもできます。

 

┃注意点

中古や贈与等により、他人からiPhoneやiPadを得た場合、ロック解除していないと使えません。連絡帳、写真、カレンダー、Safariの検索履歴、メモ、バックアップ、パスワード、そして、iPhoneを探す機能。

上記に制限がかかるため、中古で買う場合は見て確認する必要があります。

今までは、ロック確認サイトにてIMEI(端末識別ID)を入力することで、ロックされているか、解除されているか確認ができましたが、これができなくなったため、目視にて確認が必須になってしまいました。

中古で買う人は気をつけてください。

┃取引上の注意

売主の瑕疵を担保してもらうためにアクティベーションロックやその他確認が必須です。

確認ができない場合は、返品や製品の利用が可能となるための手続き、正常な動作状態にする請求も、上記確認が必須です。

商品説明に、何が出来ないのか等、出来ないことを限定してあるため、それ以外の瑕疵がある場合は担保してもらえます。その担保してもらうために、確認は必須です。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。