ネット SNS ゲーム トラブル 回避 対策方法 ⑥

前日の続きです。

ネット SNS ゲーム トラブル 回避 対策方法

ネット SNS ゲーム トラブル 回避 対策方法 ①

ネット SNS ゲーム トラブル 回避 対策方法 ②

ネット SNS ゲーム トラブル 回避 対策方法 ③

ネット SNS ゲーム トラブル 回避 対策方法 ④

ネット SNS ゲーム トラブル 回避 対策方法 ⑤

┃対策6 余裕

心の余裕です。

相手の心の余裕、自分自身の心の余裕も大切です。焦ることは判断を誤り、間違いを起こすことはあります。

時間制限があること、イベントがあること。これはゲームでは当然あるのですが、現実を優先できている人であることが大切です。

相手に心の余裕が無ければ、責められることもあるでしょうし、自分自身がその時間を作るようになれば、暇をつぶすもの、気分転換によるものから外れます。それは仕事のようになります。

仕事のようになったところで、金銭的な利益はなく、失うのみです。

付き合い方を誤る時点で毒になります。この状態になるときは、インターネット依存症とかわりがないです。

インターネットはなくても生きられます。使い方により金銭的な利益も生み出します。

しかしゲームやSNSに熱中しすぎ、やらなければならないことを後回しにするようになってきたら、止まる必要があります。

 

大人も同じですが、未成熟な人ほど「自己管理」ができません。「寝落ち」をするようになると危険です。

自己管理ができない人は「管理されてきた人」です。ココに関しては、生活レベル云々の問題ではないので、その人本人の問題が大きいです。

狂ったように続け、偏頭痛持ちになる人もいれば、その事実を知りながら放ったらかす親もいます。このケースではネグレクトに該当するものです。

自己管理が全く出来ない子どもを「インターネットやらせておけば手がかからないから」放置しておく行為です。

低所得者でも同じことは起こるでしょうし、高所得者でも同じことは起こります。親が子に興味がない場合もあれば、親としての自覚もない場合もあります。

このケースでは、子はネット依存症になり抜け出せなくなりますし、親自身が悪化もさせていますから、最低なパターンです。

こういったトラブルを抱えているような相手と知り合ってしまうと、やっぱり面倒なトラブルに巻き込まれることになりえます。

私の実経験で、巻き込まれました。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。