理想は自らに課しませんか?

理想像は、相手に要求すると不和が起こります。

過去に書いた記事も、根本的には全て同じことを記載しています。内容が違うようでも根本的には全く同じなんですよね。

 

恋愛知ってますか?

ちゃんとした人と結婚したい

過度な期待はやめましょう

 

┃人間関係

自分のことは自分でどうにかすることは「他人に何かさせるより」簡単です。

交友関係、仕事、恋愛、結婚、子育て、自分以外の他人と関わる時、他人を自分の理想の枠にあてはめ、「都合よく」考えているとうまくいきません。

┃行動学や心理学を用いて

ある程度の「誘導」はできたとしても、どうにもならない部分はあります。結果的に洗脳さえしてしまえばよいのかもしれませんが、時間がかかります。沢山の人と関わっていく中で、そんな時間ないですよね。

┃理想像を押し付けること

不和が発生してしまう原因です。自分がしていなくても、「相手がしていること」が原因のときも多くあります。

相手が押し付けてきて、義務のないことを強要されることもありますよね。相手、自分の持つ「過度な期待」と「理想像」が原因であることが大半です。

┃気楽にいきましょう

狭い自分だけの世界に閉じこもり、「常識」など都合が良い言葉、言い訳で大きな間違いをしている人は多く居ます。

それはそれ、相手は相手、他人は他人で、共存社会での多様性を理解する方がいいですよね。

他所は他所、ウチはウチ、と言いながら外でも多様性を認めないのはダブルスタンダードです。

┃対価を支払わない

ほんとに多いのはコレです。

対価をよく分かっていない人もいます。与えられることが当然と思っていたり、極々少量の対価で全て良いと勘違いしている人もいます。

対価を払った直後に追加して、追加分の対価から逃れようとする人もいます。具体的には、オマケ、サービスを要求ですね。

┃生きることの難しさ

人間関係の難しさをもし、感じてしまったなら、たった1つ簡単な方法があります。

憲法から流し読みし、権利を知ることで、自分と相手の許される行為が理解できます。

難しさを感じてしまう原因は、無知だからです。相手の権利を知れば、必要以上に侵害することもなく、適度な距離感を理解でき、余計な不和を起こすことはありません。

無知が社会に生み出すものがトラブルです。解決ができないトラブルの原因は、ワガママまたは無知です。

考え方を知らないので、自分が気持ちよくなることしか考えられない人=ワガママなトラブルメーカーです。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。