妻 夫 小遣い 適正

小遣いに関してです。

子どもの小遣いと同じようなものです。

親 小遣い 子ども くれない

子育て 気をつけること

 

┃大人、夫婦での小遣いがテーマ

夫、妻の小遣いはどのように決めているのか?です。

まず忘れてはいけない考えるべきポイントは

①  どちらの稼ぎが多いか

ここから入ります。

夫婦共働きの場合、それぞれの収入の10%や20%などでいいと思います。割合は話し合って決めると良いです。

自由で平等なので、不平等な金額にすると不満しかたまらないはずです。

AさんとBさんの夫婦がいたとして、Aさんは月20万円稼ぎ、Bさんは0円無職

でもAさんとBさんは同じ小遣いで5万円ずつです、となるとAさん辛いですよね。働く時間拘束され、働いていないBさんは自由な時間が大量にあって、お小遣い5万です。

BさんがAさんの子どもなら、扶養義務はあるのですが(小遣いはいらないです)そうではないなら、必要ないです。

支配と愛

┃働いていない場合

① 無職

理由により学生時代と同じで十分です。精々5,000円などでもいいと思います。

単純に働けばいいだけで、働けないのなら相手に経済的に依存して、負担してもらって「生かしてもらっている」だけなので、夫婦というよりは、「親子以下」です。親は子を成人まで育てる義務を負います。

② 何らかの理由があってやむを得ない

この場合は、今まで働いていた人の収入からこれからの世帯収入で考えて相談するべきです。

やむを得ない場合でもあっても、収入が無いまたは減るのにもかかわらず、今までと同じように湯水のように使っても足らなくなるのは明白です。支出管理をしっかりし、無駄遣いを減らしたほうが良いです。

理想や期待の話になります。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。