手動 アイドリング ストップ ニュートラル 危険 死ぬ

危険です!

 

過去の記事にもありますが、理解していないと危険です。実際に事故が絶えません。高速道路で燃費を意識して、エンジンを切る人がいますが事故ばかりです。

エンジンを切ることでブレーキの制動力が下がり、止まれず追突する事故が定期的に起こります。

エンジンがかかっていることで制動力が増幅されているため、エンジンを切ることで制動力が増加せず、人力で停めることになりますが、効きません。

パワーウィンドウもエンジンがかかっていないと動作しないですよね。ハンドルもまたエンジンがかかっていないと重たいです。

 

エンジンを点けたり消したりすることは無駄で無意味です。逆に燃費も悪化させます。

┃考え方は簡単です。

立ってください。座ってください。

立ったり座ったりすることを即座に続ければ逆に疲れませんか?動かしたり止めたりすることも全く同じなんです。

┃条例読んでいますか?

アイドリングストップをする場合は下記です。

1. 信号待ちなど道路交通法の規定により停止する場合
2. 交通の混雑など、道路または交通の状況により停止する場合
3. 人の乗降のために停止する場合
4. 冷凍車、医療用車、清掃車などの動力としてエンジンを使用する場合
5. 緊急自動車を用務のために使用している場合など

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。