判断 必要 材料

判断に必要なもの、材料についてです。

 

┃判断とは

考えをまとめて、選択することや、分けることです。

┃材料

合理性の部分では

過去のケース、現在の状態、想定できる未来
相手の立場や主張、自身の立場と主張、客観的に観た社会性など。

┃判断がつかない場合

無知であること。未経験であること。

そして、一番面倒くさい感情ですね。

┃判断の結果

後悔しないことは無いです。

合理性を追求し、論理的思考を以て必要な判断を下し、行動を伴っても、感性が豊かな人ほど後悔や後味の悪さを感じます。

合理性と感情論は平行線を辿ることしかありません。結局頼るべきは、民法上のものであったりするのですが、やむを得ないとは言え、後味の悪さを残す問題はとても多くあります。

どこまで許容できるのか?については、自身の能力によります。例えば完璧超人な憧れな人が私にはいますが、その人は完璧ですが、姻戚関係の人がダメすぎて、親族の学費を数百万負担してあげている人もいます。

感情からの判断によるもので、合理的な見方でいえば、「自業自得、自分でなんとかしなよ」で終わるものですが、それもヒトらしさなんですよね。

逆に合理的に切り捨てられたとして、その結果は本人がなんとかするかもしれませんし、なんともできないかもしれません。理由はどうあれ、助けた結果、再度繰り返すこともあります。助けたからこそ、「また助けてもらえると思い」繰り返されることもあります。

合理的な判断をした結果、付き合いが壊れる損がでること
感情的な判断をした結果、経済的損害がでること

どちらをとっても後悔など、後味が悪いものばかりです。

私は自分自身の親族も切り捨てています。感情に訴えることしかしない人がいて、数え切れないくらい繰り返したためです。

今では負担も何もなく、気楽でストレスもなくなりました。それが正しいのか間違っているのかはわかりませんが、それだけ負担してあげられるほどの能力が私には無いので、仕方がないと割り切っています。

後味は勿論最低最悪です。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。