centos7にMySQLの導入

CentOS7

#書いてある通りで考えなくても出来ます
#の箇所は端末に入れないで飛ばしてください
#DL MySQL
wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-5.6.25-1.el7.x86_64.rpm-bundle.tar

#展開 MySQL
tar -xvf MySQL-5.6.25-1.el7.x86_64.rpm-bundle.tar

#削除 mariaDB
yum remove mariadb-libs

#install MySQL
rpm -Uvh MySQL-server-5.6.25-1.el7.x86_64.rpm
rpm -Uvh MySQL-shared-5.6.25-1.el7.x86_64.rpm
rpm -Uvh MySQL-client-5.6.25-1.el7.x86_64.rpm
rpm -Uvh MySQL-shared-compat-5.6.25-1.el7.x86_64.rpm

#MySQLをスタート
systemctl start mysql.service

#自動起動にMySQLを登録
systemctl is-enabled mysql.service

“確認
rpm -ql MySQL-server | grep init.d

#config内のP/Wコピー下記Viを行うとファイルが開かれるので
#パスワードをコピーする
vi /root/.mysql_secret
#終了するためには一度Escを押してから :q

mysql -u root -p
Enter password: コピーしたパスフレーズのはりつけ

#mysqlへのログインが完了したらパスフレーズの作成
#全て違うパスワードが良いかと思いますがお好きなように
SET PASSWORD = PASSWORD(‘ここに入れる‘);

SET PASSWORD FOR ‘root’@’localhost.localdomain’ = PASSWORD(‘ここにいれる‘);

SET PASSWORD FOR ‘root’@’127.0.0.1’ = PASSWORD(‘ここ‘);

SET PASSWORD FOR ‘root’@’::1′ = PASSWORD(‘ココ‘);
SELECT host,user,password FROM mysql.user;

#db ユーザ作成 と権限の付与
GRANT ALL ON *.* TO ‘おなまえ‘@’%’ IDENTIFIED BY ‘パスワード‘ WITH GRANT OPTION;

#ex)=exsample=例
#CREATE USER ‘おなまえ’@’%’ IDENTIFIED BY ‘ぱすわど’;
#GRANT ALL ON *.* TO ‘おなまえ’@’%’ WITH GRANT OPTION;

#パスワード変更
#set password for ‘ user name ‘@’%’ = password(‘X’);

#削除
#drop user ‘user name’@’%’;

#firewalld setting=ファイアウォールの設定
systemctl start firewalld.service
systemctl is-enabled firewalld.service
systemctl enable firewalld.service

firewall-cmd –permanent –add-service=mysql

firewall-cmd –permanent –add-service=http
firewall-cmd –permanent –add-service=https
firewall-cmd –permanent –add-port=443/tcp
firewall-cmd –permanent –add-port=80/tcp

#設定の適用のためにリロード
firewall-cmd –reload

#DB作成赤文字がDB名 好きなのにしてください。
CREATE DATABASE db01 CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_bin;

#list db
#SHOW DATABASES;
#make table
use db01; #db01使いますよ宣言
CREATE TABLE tbl01 (id CHAR(5) NOT NULL, num01 INT, txt01 VARCHAR(50), date01 DATETIME, PRIMARY KEY (id)) ENGINE InnoDB;

#phpAdmin install
yum -y install yum-plugin-priorities
vi /etc/yum/pluginconf.d/priorities.conf
#下記内容追記する
check_obsoletes = 1
#esc押してから :wq Enter

vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
#[base]この項目に赤文字追加 プライオリティと読みます。
priority=1
#[updates]この項目に赤文字追加 優先度の意味です。
priority=1
#[extras]この項目に赤文字追加
priority=1
#[centosplus]この項目に赤文字追加 イネーブルと読みます
priority=1
enabled=1

yum install epel-release.noarch
yum install phpmyadmin

vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
#許可するIPアドレスに関して
# Apache 2.4のところで、赤文字の所追加
<RequireAny>
Require ip 127.0.0.1
Require ip ::1
Require ip 192.168.10.
</RequireAny>

#緑色の文字のところは、お使いのローカル環境に合わせてください
#アドレスがわからない場合は、ifconfigで確認してください。

#反映
service httpd restart
systemctl enable httpd.service

#ここまででCentOSにMySQLとphpMyadminのインストールは終了

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。