貧乏舌 幸せ

貧乏舌って良いですよね。とっても良いことだと私は思います。

┃貧乏舌は良い印象

意識するまでもなく、滅多に悪い印象になることはありません。なぜなら、大抵なんでも美味しいのですから、これは幸せです。

┃手作り料理

味にうるさい人は、幸せに食べれません。作ってもらっても、わけのわからないウンチク垂れる人は、作る人に嫌気を与えます。

┃外食

外食でも同じです。誰もウンチクなんて聞きたくないんですよね。美味しいだけでいいじゃないですか?

それもごちそうしてもらったとした場合、ご馳走してくれる人もわけのわからないウンチク垂れられても面白くはないでしょうし、美味しく楽しく幸せそうに食べてもらえれば、それだけで

また一緒に行ってもいい

と思ってくれるんですよね

食べ方の綺麗さも勿論大切な1つの要素ですけど、感想も美味しいなどポジティブなことを言えるのは、意識しないで出来る貧乏舌だけです。

人付き合いを学び気遣いや思いやり、相手との付き合い方を考えた演技でのポジティブな意見とは違います。見抜ける人は見抜けちゃいますからね。

 

なので貧乏舌はとっても幸せです。私は貧乏舌なので幸せものです。

 

ふと気がついたのは、誘われる自分と誘われない他の人。あとはやっぱり、一緒に食べに行って、グダグダうるさい人は、後々で一緒に言った人が、不満言うんですよね。

意見は聞かれたら答えればいいですし、何も食べてるときに言うことないですよ。高級舌の人のお話は、その時の食事をまずくする調味料ですよ。

┃経費、勘定科目

接待交際費または、会議費です。

※ この記事は8分で作りました。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。