揉める 原因 トラブル 理由 何故

答えは共通のルール制定です。

 

┃共通のルールを制定すること

ができていないこと、認識、見解の相違です。

「孤立した家庭内」のみで刷り込まれた常識や良識の違いが原因になります。要は双方または、片方の社会性の欠如です。

そんなトラブル、揉め事を起こらないように追求して作られたものが契約です。

┃契約とは

ただの約束事です。その約束事の中に「嘘をついたら針千本飲ます、指切った」が書いてあるだけです。

文書として化体化した資料として、双方合意の印として捺印するものです。約束を守るのなら、契約書を交わすことに抵抗はあるはずがないです。ただなんとなく怖いと思う人は、理解が無いだけですよね。

理解がないか、そもそも約束を守るつもりがないか、そのどちらかでしかないです。

 

信用や信頼では世の中が成立しないため、正直者が馬鹿をみないために契約書を作ったと私は思います。

身近なものだと労働だったり、買い物もそうですよね。

┃労働は、

労働契約していますよね。時間あたりの単価だったり。労働者は労働時間の売主で雇い主は労働時間の買主です。

買い物は諾成契約です。買主が申込、売主が受諾している契約行為です。

┃親子関係でのトラブル

お小遣いの金額を決定し、毎月しっかり支払わない、というのも親子関係でのトラブルであります。

どうして親の言うことを聞かないの?というのは、親から子への「おねだり」で躾けではないです。

家庭環境に問題がある場合は、躾けをそもそも知らないことが大半ですね。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。