トラブル回避 一緒に 目的 目標 向かう

同じ目標を持つ場合のトラブル回避です。

 

 

これも結構大事です。情報の共有をする場合はやっぱり、双方に利益があることは大前提です。

やる気の度合いも大切です。ただ、何より大切なものは、利益を与えるならまだしも、損害を与える場合は、トラブルになります。大揉めしてもおかしくはありません。

同じものに登録する、利用する場合でも、教えてもらって「真似」をするって行為が、場合によってトンデモなく不味いことです。利用登録の規約や違反になることもあります。そうなると、先に探して調べて利用し始めて、情報を提供してくれた協力するべき相手の足を引っ張り、損をさせかねません。

 

こういった問題も実際経験したことがあります。損害受ける側でしか経験がないのが悲しいところですが、大体先駆者にならないような人と組む場合や、行動力が低い人は、探す労力、調べる苦労、試行錯誤して得る結果の負担を一切知らないですし、大して考えていないか、苦労を知らないのでどれくらい大変なのかに考えが及ばないのかも、しれません。

でなければ、基本的に勝手に何かやる、後からするっていうのは基本ありえません。

ありえてしまうのは、コミュニケーションの能力が低いことも一因かもしれません。話を聞き情報を得た時点で「自分もやろうかな」と発言するだけで、防げるトラブルでもあるので、それもなく、黙って得た情報を丸々利用することが生むトラブルです。

┃情報は無料ではない

これが大事なことです。

広告は邪魔に思うこともありますが、広告があることで、欲しい情報が記載されることもありますよね。

たまたま求めていた情報にマッチしたものを利用して、掲載していた広告代理に報酬が支払われるというのもあります。

情報の通知を対価に仕事とする情報業もあります。具体的に依頼を受けて探す仕事もあります。

 

情報の売り方も様々ですよね

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。