パソコン 安い 高い 原価

基本的に原価割ればかりだと思います

 

大量生産と限定したライセンスによって安くなっています。部品やライセンスの単価だけで考えると無理な価格です、格安です。

 

ノートパソコン(ラップトップ)で考えると

┃部品単価

液晶ディスプレイだけでも7千円程度
HDDやSSDで5千円から1万円
Windowsならライセンスで1万円から2万円

この時点で3.7万円くらいですよね。それでもこの価格より安い新品は多くあります。

スマホやiPhoneに比べればよっぽど安いです。携帯よりも持ち歩かない分故障の危険も少なそうですし、5年くらいはもっちゃいます。

年間1万円もいかないので本当に安いと思います。

10万円以上のパソコンは選択する人があまり居ないような気がします。稀に高齢者が高い=良いものって選択をしたり、国産にこだわって買ったりもありますね。国産でも海外のものでも中身同じです。

簿記、勘定科目では10万円以上なら減価償却をする必要がありますが、ノートパソコンでも10万円以下が多く、基本一括償却できてしまうので消耗品費で終わりですよね。

Macは10万円以上、20万円のものなど多くあります。何をするのかにもよるのですが、扱える能力によって向き不向きがハッキリとわかれちゃいますよね。デザインが気にいるなども良いことですが、合理的に考えちゃうと勿体無いかなと思うことも多くあります。

個人的な感覚からすると、「きゅうり」みたいな感じです。お祭りでキュウリを買うことは高いは高いですけど、風情があり、歯ごたえ、食感があって良いものですよね。金額の基本が違いますけど、私からすると使う人により、Macはキュウリに感じることもあります。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。