アップル 正規 サービス プロバイダ 修理 交換

5月に行った時の感想です。

 

相変わらず人は多く、繁盛していますよね。可哀想な人、残念な人、甘く考えてる人は多く見かけます。

┃残念な人

自分でした設定を覚えておらず、舌打ちしたり文句を呟きながらiPadで手続を行う20代から30代の人

┃かわいそうな人

高齢者のおばあさんで壊れてしまったのか手続を行おうとするも、AppleIDを覚えておらず、紙に書いて持ってきていながらどうにもならず、諦めて帰る人

こういう人に売りつけるのも仕方ないのでしょうけど可哀想でした。

┃甘く考えてる人

予約を取らず来店することで、2時間待ちでびっくりする人
対した価格じゃないと思いつつ3万円請求の見積もりで修理を諦める人

10代から60代まで様々ですね。

┃日本人の感覚は甘いのかも

ゴネれば何とかなると考えている人もとっても多い感じです。

Appleの対応の方針は観ていてスカッとすることが個人的には多いです。

1.ゴネてもダメ
2.過失に関して

こんな感じですね。勘違いしてる人がとっても多いので、スタッフとしては大変そうですが、しっかりとスタートラインに立っていない人を調教していくのは観ていると面白いです。

対応する側はやだなぁ・・といつも感じます。

 

考えてみると私は自分で予約を取ったことが1度しかないんですよね。それ以外のものは全てスペシャリストの判断で予約を取ってくださって、スムーズに解決をいつもしています。

変な不具合に遭遇しやすいといえばそうなんですけど、思いついた使い方が案の定おかしくなる、とかそんなもの見つけてしまったり、色々あるんですよね。

Appleのサポートセンターで話す人は、基本的に合理的な判断ができ、頭がいいんですよね。話し方、聞き方、接し方をマニュアルで用意されてそうですが、他所ではスタッフを悪く書かれている情報がありますが、私は良いと思います。

ゴネて思い通りにならない人が逆恨みしてるのかな、と感じることもあります。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。