言葉 意味 読み方 間違い

今まで聞いてきた間違いです。

 

間違いって恥ずかしいですよね、指摘されると尚更恥ずかしいですよね。一番恥ずかしいのは、指摘されて不快感を出してしまう人だと私は思います。

読み方間違い

 

┃重複(ちょうふく)

じゅうふく と間違えて読む人があまりにも多く、結果的にちょうふくでも良いことになり、正しいことになりました。

┃続柄(つづきがら)

これは、 ゾクガラ と間違えて読む人がいます。ただ今後数年で、ゾクガラでも正しいことになりそうです。

┃更迭(こうてつ)

コウソウと読み間違えている人多いですね。読み方を間違えると、伝えたい意味が伝わりません。

┃代替(だいたい)

意味の分からない言い訳をする間違いを認めないことが多い言葉No1はコレだと思います。わかりやすくするためにわざと「だいがえ」と言う人がいたことがあります。理由はどうあれ間違いですよ。

┃脆弱(ぜいじゃく)

キジャクと読む人多いです。危の部分からでしょうか?月も忘れないであげてください。

┃残債(ざんさい)

ザンセキと読む人います。違います。残りの債務という意味で、債はサイです。

┃古物(こぶつ)

フルモノと読むこともありますが、コブツです。特に間違いとして指摘されなくなっている言葉は、じゅうふくと同じように、現在の50代や60代が間違えて使ってきている言葉で、間違いが社会に浸透しているからですね。

意味の間違い

この意味を間違えているパターンは、厄介です。読み間違いは、大体の人が同じ部分で、同じような間違いのため、伝えたい意図は汲むことが出来ます。

しかし意味を間違えて、不適当な言葉を使うことでトラブルに発展することがあります。

┃適当(てきとう)

適当とは、いい加減です。双方共に雑な意味、悪い意味ではないです。適度に行う、適当に行う、丁度よいです。いい加減は良い加減です。コレは伝え方や受け取り方で、大問題になりかねない言葉です。

不適当、不適格など不十分である、悪いマイナスの意味として、いい加減、適当と言葉を使うのは誤りです。

┃故意・確信

これも非常に多いです。確信犯の意味も間違っている人が非常に多いです。

故意は予見できることを予防しないことです。嫌がることをわかっていて、嫌がらせすることは故意です。

確信とは言葉の意味そのものです。確かに信じると書いて確信です。信じて疑わない、ですね。

確信犯の場合は、刑事や民事など、法律とは別に、信仰する宗教の教えや、その宗教のためになる、と確信し、法律違反の行為も厭わないものです。

テロ行為なども、そういった正義であると確信してテロを行っている場合があります。そうしたときが確信犯です。

┃請求・要求

請求は、権利を持っています。要求は権利を持っていません。権利を持っていない人は自動的に要求になり、権利がある場合は、請求になります。

例:請求書は権利がある人が作りますが、権利が無い人が要求を脅迫めいて行うと強要罪になります。

 ┃嫁・妻

嫁は子どもの妻です。

嫁ぐという言葉は、子が相手の家庭に入ることですよね。

番外編・正しくとも面倒になる言葉

┃大人しい

大人しいの意味は、大人の振る舞いです。静かな様子は、音無しです。似ている言葉なので、静かな様子を大人しいと錯誤している人が非常に多いです。「大人」という言葉からポジティブなイメージで音無しを言い換えてる人がいますが違います。

例1:子どもが食事をしている場面で、食べ物で遊ぶこともなくしっかり行儀よく食べる。他の子ども達が遊んでいても、急いで食べたりもせず、大人しい。

例2:知的障害者が自室で大人しく過ごしていた。コレは間違いです。音無しく過ごしていたが正しいです。知的障害者が大人の振る舞いが出来るわけがありません。大人の振る舞いができるなら、様々な責任を背負い、免責されない大人と同等のはずです。

というように、例2の場合は、この事実を発信、発言すると、それらの関係者や合理的な考え方を持ち合わせない人からは批難されます。間違えることが小さな枠の中では良かったりします。

良かったりするというのは、立場や批難をされず、無駄な時間を浪費しないという意味であり、決して正解ではなく正しいことではありません。

往々にして、知的障害者の場合は、本人には発信発言の能力が無いため、現在の社会にある優遇は、その家族や支援する人々に作られた歪んだものです。支援する人々は、責任を果たさず権利を主張し、助成金などを手に入れさせ、その助成金にぶら下がることが仕事なので、そうなっています。

これら事実を指摘しても、都合が悪い人は現実から目を背け、感情論やその他でしか発言をする能力が無いため、関わることを避けることが浪費がありません。

こういったことを「逃げるが勝ち」といいます。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。