意識高い系 身の程知らず

「意識高い系」は、失笑(しっしょう)、嘲笑(ちょうしょう)されています。

失笑、嘲笑されていますが、稀に気がついていない人もいます。時間が経つことで気がつくこともありますが、中々現実を受け入れられない人がいます。

髭を生やしても威厳は得られないですよね。男性専用の嘲笑、失笑を意味する言葉ですが、意識高い系という言葉は、男女に使える言葉です。

┃相応しいかどうか

意識が高いのではなくて、「系」なんですよね。嘲笑されている状態を鑑みると、「相応しくない、または、伴っていない」のだと思います。

┃口だけ・言うだけ

昔からありますが、「口だけ」の意味とほぼ同じなのかもしれません。

口だけ番長は、小学校、中学校、高校などの小さな社会生活に限る非行少年の中心みたいです。口だけというのは、の行動が伴わない、「言っているだけで実態が伴っていない」ことを口だけ、言うだけ、と嘲笑されている意味です。

┃意識高い

意識が高いとは、目指すもの、目的のために考えたことを「実行していく、実態がある人」なのかもしれません。

「口だけで行動が一切伴わない」ことが、意識高い系かもしれないですね。嘲笑されていることに関しては、同義です。

┃意識高い系と嘲笑される行為

スタバでMac

よく言われるのは、これですよね。

よく書かれているようなことだと、スタバでMac使って、ただブラウジングしているだけだったり、それが嘲笑の対象のようです。

ようするに、「何もこの場でそれを使って見せつけるようにやることではない。」ということのような書かれ方、言われ方をしています。

※個人的な見解だと、このスタバでMacという行為は、「する必要がない」ことだから嘲笑になるのでは?と思います。

仕事しているなら
1.持ち出してまでやらなければいけないほど仕事を抱えている
2.外でするほど忙しいか非効率
3.盗難リスク有り、お手洗いに持ち込むのかな?
4.内容を盗み見ることが可能でセキュリティ意識がない
5.気分転換も大事ですよね

プライベートなら
・同じように盗難リスク
・セキュリティ意識
・他人に画面を覗かれる

ということがイマイチ安心できない私個人としては難しいなーと思うくらいです。

嘲笑の対象

① ○○するというだけで、いつまで経ってもしていない
② 大きなことを言うだけ
③ 必要な努力が見えない
④ 成果が無い。伴っていない。

こんな感じな人が嘲笑の対象になっています。

│例えば

求める結果の過程にある道具は、基本的になんでも良いです。

ブログを作る・記事を書く程度のことなら、WindowsでもMacでもLinuxでもiPhoneでもAndroidでも何でも良いです。

ですが、無駄に無意味に道具にこだわり道具に相応しくない・使いこなせていない場合、やっぱり失笑、嘲笑の対象になります。

記事を作る目的のために超高額な道具を揃えても、経済貢献には良いことですが、10分の1の費用で同じ結果を得られる場合を客観的に捉えると

・身の丈に合わない
・身の程知らず
・身に余る
・釣り合っていない
・不適格
・身分不相応

などなど、同義語になるようなものが沢山あります。なので昔からそういった身分不相応な行為、行動、発言は全て嘲笑の対象のようです。

意識高い系が何故そうなるのかは、虚栄心・承認欲求が強い場合や、これまでの生き方を変えたいのかもしれませんね。

│遭遇したケース

│1.医者になるというアルバイト30歳

結果が出ないといけないのか?といえばそういうわけではなく、往々にして無意味に大きなことを言っていたりするせいだと思います。

この方の場合は、福島出身の高卒の方でご本人とご本人の父親と不仲のため、妹の大学が京都のため妹の進学が決まった際に付き添いで実家を出て、その間無職で年金など全てご実家に負担していただいて、妹が就職で東京に上京となり一緒に東京にきたそです。そして妹がひとり暮らしになることに伴い、ご本人も一人暮らしになった方です。それまでの生活費は全て実家から捻出されています。

大言を吐いた状態から少しでも前進しているのかどうかなんでしょうね。「僕は医者になりたいんだ」と言っているこのアルバイトの方が、同僚や上司から「医者になるために大学に行きたいと聞いて3年目になるけど、もう30代になったけど、うちで契約更新をしていたらずっとそのままなんじゃない?」と言われていました。

このタイプは意識高い系で見栄っぱりな発言でいつまで経っても行動が伴わない(伴う様子も必要な努力も見えない)実態のない人ですよね。勤務先の皆さんはその方のことを嘲笑よりもその人の学歴やこれまでの生き方から現実感の無さを深刻に心配していました。

話し合いの場で対面で話を伺ったところ本心としては、
・このままアルバイトでいることを恥じている
・正社員にしてもらいたいけど声がかからない

そこでなぜか医者になりたい、大学へ行く、など安易に言ってしまったようで、その虚栄心が身の丈に合わない理想像で現実とのギャップに苦しみつつ、周りが馬鹿にするどころか本気で心配してしまい、言ってしまった手前引くに引けず、撤回もできず、という自業自得な方でした。

見栄を持つことは自分自身を奮い立たせるモノにもなれば、自分自身を追い詰めるモノにもなるので、見栄に伴った実態を作れないと「系」になってしまうようです。不用意な発言・実現不可能な夢物語を語るのは、自分自身の首を絞めることにもなってしまいます。自分を奮い立たせるために「なる・なりたい」ではなく、「なれたらいいな」など、言い方に気をつけ、発信の方法一つを気をつけないと周りからの見る目で全て変わるのかもしれない、と感じた事例です。

 

│2.身の丈に合わない人

その方は、Macを購入しアプリも高額なものを得て使い方がわからないそうです。

 

・わからないからアップルのサポートに質問をする。
・アップルのサポート外のため答えが得られない
・アップルはクソだ

ということを言っていました。どういうことなのか尋ねてみたところ詳しく説明を受けました。

Mac 専門性 プロ ユース Win

3.謎の渡米

「俺、アメリカいくんだよ。」から何のために退職したのかもわからず、まわりの同僚も「何の目的でいくのか知ってる人はおらず」消息不明になった人。

旅行や遊びではなく、この話になると窓から遠くを見つめる様子で「やりたいことがある。行く必要があるんだ…。」と目を合わさず遠くをみてじっくりとした雰囲気を作って語っている人でした。

周りの方も特別に追求せず「がんばってね!」「たのしそうだね!」などポジティブな声かけをしていて、無難な社交性、社会性を感じました。

私個人の内心としては、「なんでそんな遠くみたり決めポーズなんだろ?」ということから、指摘したいあふれる気持ちを抑えつつ、周りの腫れ物扱い(話を広げないようにポジティブワードで切り上げ)している状態から、笑ってはいけない、突っ込んではいけない、と考えていました。

その方退職後は話題にする人、しない人はいましたが、する人は嘲笑しかしていませんでした。

│女性専用の嘲笑

男性の場合は、髭を生やしても威厳は得られない、でした。

女性用のものはないだろうか?と探してみたところ、ありました。女性用の言葉は、「行かず後家」、「行けず後家」です。

行かず後家は、本人が行かないというような意味ですが、行けず後家と評された時の切り返しでプライドを保つ言葉のように感じました。

例文では

”あの顔であの気性やさかいなあ、いけずごけやろ多分。”

というように冷嘲しています。

後家とは本来、旦那が先に逝去し残された妻を表すようですが、「行かず後家」は、”未婚なのに旦那が逝去したような年齢、後家になるような年齢まで未婚でありそうなこと”冷嘲するために本来当てはまらない後家をつけたそうです。

 

意味としては、顔と気性の荒さから貰い手もなく、大多数が姻戚しているのに、このまま姻戚経験もないままずっと1人だろう、ということですね。

意識高い系とは少し違うのでは?と思うかもしれませんが、意識高い系な身の程知らずだったとすれば、やはり付き合える人はかなり限られますし、継続的な良好な関係の維持も難しそうなので、同様の行けず後家になる女性も少なからずいると思います。

│よく聞く話

1.自営業をやる。経営者になる。

する人は、具体的な話があり、至らない状態=不足しているものが明確です。

すると言い出す人は、大体段取りを組み終わっていてすぐ始めます。私は開業の意思を周りに伝えてから1週間後までに開業しました。

私が開業した時は年上の先輩に開業前に話し、「そうなんだ」とだけ言われていたのですが、開業後、とても驚かれました。

その先輩が仰るには、「周りと同じ口だけかと思っていたらほんとに開業しちゃったから」といわれました。

私としては、開業の意思を発信したときは、開業届をいつだすのか?の段階で全て段取りは整っていて、見直しも終わった段階で必要な人にのみ発信しました。

※私にとっての段取りが整うは、事業継続に発生する帳簿・記帳の仕方など、仕事と関係なく発生する義務や資格などの部分までの対応策の用意です。

※不必要な人にまでいうと、「雇ってほしい」などたかろうとする人がいるはずなので必要最低限が無難です。

2.婚活の話

ネットでもどこでも目立つ話になっているものだと、婚活も捨てがたい話ですよね。

意識の高さから自分の能力でするのではなく、他人の能力に集る感じに散見されます。

年収n万円以下なんてありえない!=自分自身が到達していないなど、他人に対する要求は意識高いですが、自分自身を省みることが出来ず、身の丈に合わない・身の程知らずな要求をして、いつまで経っても相手を見つけられないという点、もちろん冷嘲、嘲笑、失笑されている状況は、意識高い系と一致していると考えられます。

3.ある意味では高い「系」

自営業をしてすぐに廃業してしまう人。必要な準備や開業後に必要になることをリサーチしておらず、手に余り継続が不可能になってしまう。

こんな人も中には「系」なのに勢いでしてしまう人もいると思います。

こういったタイプの人は、周りに大きく言って引き下がれなくなって開始してしまうことや、開始した後に大敗してしまった結果、失踪してしまうこともあり心配になります。

「系」の人以外の自営業失敗は単純に考えが甘く、自分に甘く、逆に意識が低すぎる人ですね。なぜ意識が低いのかといえば、見通しや考えが甘く、思慮が浅く、トラブルの原因を責任転嫁し論理的ではなく倫理もなく合理性もなく感情的で、どうにもならなくなって独りよがりの末にわがままで周りに助けを求めても、返済の計画や事業計画を聞いて、誰も安心・理解ができない状態です。

意識低い人と高い系を比較するなら、まだ高い系のほうがマシだと思います。高い系は高くなれるチャンスもあると思いますし、意識低い人で自営業なんかをするとただのわがままなので何言っているのか誰も理解できませんし、助けを得られない・理解を得られない結果、逆上してきますから手におえません。

※私の父はこの「考えが甘く、助けを得られない人」でした。父が開業した時、私は学生で当時は「父の電話の会話の内容」や「記帳」をみていたので、どうして失敗するのか?を学べました。

なんでそれでうまくいくのかがわかりませんでしたが、簡単な理由でバブル景気もある中、粉飾決算を続け、有限会社として銀行からお金の借り入れを行っていたからです。税理士がついて粉飾決算を行って銀行から「事業運営費」としてお金を借りてこられたら、実際の目的とは別に生活費にしてしまえばいいだけなので、うまくいっているようにはみせられます。

│個人的に思うこと

やりたいことの中身が主体的でなかったり、客観的によくみえるようなものだけに憧れるのもわかります。

好きなことをやって生きていくというのも、周りからどうみられるのか、成功するまでの間、結果が出るまでの間、かっこよく綺麗に取り繕えるようなものではなかったり、周りからしたら理解ができないようなことはあります。

周りから理解がされないこと、今までに例のない偉業になるかもしれないことを「自分自身で客観的に考えて周りからおかしくみえる」それでもやってみたいと思える挑戦が主体的で良いと思います。

いわゆる、意識高い系な例にあげられているような会話やその他だと、周りに対してなにか言っているけど、それが周りに理解しやすいものだったり、逆にわからない点を指摘する、尋ねて見ると中身がなかったりします。

客観的に考えておかしいことはわかっていれば、そのまま伝えることもでき、素直な気持ちで無意味に取り繕わず、自分自身を大きく見せようともせず、実行していく人が「系」と言われていないタイプなのかなーと思いました。

例えば意識高い系と呼ばれる人は、

・嫉妬深いこと
・自分を大きく見せたい・見栄っ張りな虚栄心
・他人から認められたい承認欲求が強い
・スポットライトを浴びたいような、目立ちたがり?
・自己中心的

が多い気がします。それぞれ複合している人もいれば、単体な人もいたりです。

私個人としては、沢山の本を読むことも「意識高い系」な結果の人もいると思います。目的もなく娯楽としてでもなく沢山読む必要はないと思います。結局は二番煎じですし、成功した例を真似すれば成功するわけじゃないんですよね。

沢山の本を読んでいることをご本人のウリにするというか、本を読んでる自分すごいでしょう?みたいな人を指しています。

│私の目線で本の存在価値

1.娯楽
2.目的のため

必要なことを読み(学び)実現のために必要だからしていることです。

特に目的もなく読んでいるだけなら暇つぶし・娯楽です。何に活かしたいのか、何をしたいのか、必要なことを学び実現に向かっていない状態で「ただの趣味で娯楽だよと言えないと」とやっぱり嘲笑の対象になりえると思います。

嘲笑になりえるケースは、御大層な難しそうな本を目的なく読み実益として結果が伴っていなければなりえますよね。

 

本 新聞 読んでも 頭は良くならない

 

あてになる資格 ならない資格

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。