もんじゃ焼き 由来 味 空腹

お腹いっぱいになるわけないんですよね。

 

今年のゴールデンウィークに浅草に行った時食べました。私はもんじゃ好きじゃないです。

付き合いで食べました。その時、もんじゃのお店の人に色々聞きました。

もんじゃ焼きの由来、は貧しい頃にあり、お好み焼きも作れないような時で、子どものオヤツみたいです。

それも、夕食まで待てない子どもたち向けに、家に余ってる食材の寄せ集めで「その場しのぎ」に作っていたようです。

なので具材もなく、食べごたえもないんです。

 

焦げ付いたところが一番美味しいなんて言いますけど、私は健康に悪そうだなーと思いながら、残すのは好きじゃないので食べました。

好き嫌い無く食べますけど、お腹いっぱいにそもそもなるものじゃなく、その場しのぎな子供向けのオヤツってことみたいです。

 

 

今まで好きじゃない理由にあげていたものが納得できました。値段の割にお腹いっぱいにもならないし、食べた気にもならない。もんじゃ焼きより美味しいものいっぱいあるし、もんじゃ食べるならお好み焼きが良い

なんて思ってましたけど、当然でしたね。貧しい頃の空腹をしのぐ、子ども向けの食べ物で、見た目が良くないのも、子どもがぐるぐる回して遊びながら作る食べもの、という理由でした。

 

高齢のお婆さんが作りながら教えてくれました。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。