UQモバイルデータプラン

UQモバイル500k無制限プランについてその後談

┃快適さに曇り…

実は前回の記事を書いた翌々月ごろから500k無制限プランでのブラウジングの快適さが怪しくなっていました。

一度高速3GBプランに変更して節約モードで使ってみた月もありましたが、普段プレーしているブラウザゲームではターボOFF設定のOCNモバイルONEよりも読み込み完了に2倍以上時間かかっていました。

実際に通信速度を表示するアプリケーションなどを使ってモニターしてみたところ150kbps以下の時間帯が多かったです。

なお高速モードで使った場合は通常は200kでは正常に読み込み完了しにくい、画像の多いサイトも20時過ぎでもサクサク読み込めていたので主に節約モード(500kプランも含めると「高速分使用時よりは遅めではあるものの通信量制限のないモード」)メインで使うユーザーにはやさしくない印象を持ちました。

高速3GBプランの節約モードでネットラジオのリスニングをしたところ96kbpsの局も再バッファリングが多発というどころか、再バッファリングの処理時間が聴取したい時間の大半を占めるという状態になりました・・・

┃契約直後の検証

として500k無制限プランで帯域の上限までほぼ1日中トラフィク流しっぱなしを1週間ほど続けて直近3日あたりの使用量約10GB近く使った状態を続けてみたものの、その時は帯域制限は課されていない印象でした。

今現在話題のサブブランド志向のプランは2年単位更新型の縛りがあり金額的に負担が多いため試せていません。