b-mobile S レビュー 使い勝手 速度 日本通信

MVNOレビュー Bモバイル

色々あった曰く付きなMVNOです。B-mobile提供元の日本通信とMVNOとして回線の貸出をソフトバンクは拒否し、日本通信が総務省に仲裁に立つように開示して行おうとした結果、ソフトバンクが折れた例のやつです。

┃b-mobile S

一般のユーザー(法人限定などの制限のないという意味で)でも簡単に契約可能な低価格通信に、格安SIM業界念願のSoftBank網を採用したと話題のb-mobile Sが提供開始となったため契約して現在ほかのSIMと併用でiPhone7などで使いまわしで使用しています。

┃購入手続き

開幕パッケージにはSIMがすでに同封されていて購入後は手続きに慣れた人なら2時間程度で通信可能にできる場合もあり、手続き後SIMが届くのを2日~3日くらい待つ必要もありません。
初期のOCNモバイルONEを契約した当時のパッケージと同じような即開通でした。

┃通信速度

通信速度的には、ほかのサイトなどの方もおっしゃる通り現状はがら空き帯域でした。(低速メインのためあまり詳しい速度テストはしていませんがUQモバイル高速3GBプランで閲覧テストした画像の多いサイト閲覧も順調に読み込んでいました。次の理由も含め現在高速分を使い切ったため低速で運用中です。)

b-mobileのサービスであるためか、この契約では高速・節約モードの切り替え機能は提供されていません。主にじわじわと長時間使うのが大半なユーザーには無駄が多いです。

恒例のネットラジオ聴取は96k局ならほぼ全時間帯で帯域不足無しでした。192k局では途切れがちょくちょく出ていました。

執筆中(月曜夜23時台)に改めてVPN経由で自宅のファイル置き場と通信してみたところ10KByte/sチョイ~最大25KByte/sをウロウロのようです。

実質的に20KByte/s相当くらいでしょうか?

┃iPhone4sで実験

SoftBank用、iOS8.4.1で試したところ3G接続で通信Okでした。

docomo系と比べてのエリアは地域によって差があると思われますが、地元周辺では県境山道のトンネル内が多少弱い印象がある程度で市街地周辺では全く不便はない印象です。

docomoとプラチナバンドの周波数が違うのでそこが生かせる機種を持っていれば使える、かもしれません。

携帯電話 回線料金 根拠開示