教育 環境 与え方

教育環境についてです。

 

┃義務教育

義務教育の授業内容は、誰でも習っているはずです。勉強をする習慣を一緒に作り、信用と信頼関係、学ぶ楽しさを教えることがとても大切です。

┃子どものためを思って

本人が望んでいない場合は、押し付けているだけのこともあります。

「あなたが出来ないこと」を押し付けてはだめです。あなたは無能でも子どもは優秀になるチャンスがあります。

┃環境の用意が必要

パソコンを与えることで学寮は飛躍的に向上しますし、能力が著しく向上します。向上しない場合は、おもちゃとして使わせてしまっていることが原因で、「与える環境の用意が出来ていない」だけです。

子どもは「所有物」ではないので、しっかりとした人間関係を親子間で構築し、信用と信頼を作る必要もあります。思った通りに成長しない、動かないのなら、信用と信頼も成立しておらず、環境自体も用意できていないことが前提の問題です。

┃自分を見返すことが第一

自分以外の人への批難はその後です。

勉強1つに関しても、塾に行かせれば結果が出るわけではありません。親であるということは、ご自身も学生時代に学んだんですから、教えることもできますよね。

闇雲に押し付けても良くないですよね。どうも「自分の子ども」をアクセサリや所有物と勘違いして、「思い通り」にしたい人が多くいます。

ブラック企業の上司?社長のように社員(子ども)を苦しめているようでは、信用も信頼も成立しないですよね。

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。