副作用 太る

いいえ、太りません!

せいぜい「太りやすくなる」ですよね。

│批判ではなく。

肥満な人がガンガン暴食していいと思いますよ。自分のお金で自分がしたいことを妨げる権利なんて他人にはないですし。

ガンガン食べて幸福感味わってください。

肥満の暴食は「他人から」敬遠されることはあるでしょうけど、他の人を気にする必要もないと思います。

人から何か批判を受けたとしたら、意味不明な言い訳をするからです。強引に意味不明な言い訳を免罪符に甘んじようとする自制心の無さや言い訳がましいことが他人に不快感を生み出します。

薬のせいとか変な言い訳なんてせずに、好きなことを好きなようにやって、病気になったり困ったことになっても、それはちゃんと「自分自身に返ってくる」因果応報が待ち受けますし、他人には関係ありません。

お金を使って沢山食べることは、経済活動としても良いじゃないですか?

 

┃太る理由

1. 食べるから

当たり前ですよね。摂取することです。摂取とは取り入れることですよ。

摂取(取り入れ)しないなら、太るわけ無いじゃないですか?

2. 運動不足

これも当たり前ですよね。運動不足により、摂取したエネルギーよりも少ない消費の結果です。

┃食べることを例えると

食べる、摂取ということは預金と同じです。運動は生活費みたいなものです。

支出(運動)が少ないのですから太る(預金が増える)だけです。

│太りやすくなるとは

そのままです。太る理由ではなく、間接的に可能性を高めるだけです。

太りやすくなる=太るじゃないです。

 

足を骨折して運動の一切ができず、寝たきりになってしまった。動いていたときと変わらない分量の食事を摂取する結果、

動くことが出来たときと同じカロリーを摂取し続けたため太った。

足を骨折するという「消費低下の予見」と「太りやすくなる」「間接的理由」により太った。

これは、間接的理由に対応することをせず、以前の食事を維持したことが原因で、前もってわかりますよね。

食事制限をすることや減らすことで対応ができますが、それをしなかった=太ったのは対策をとらなかったことです。

 

┃肥満とは

才能であり、甘えです。才能がある人は100kgを超えることができる、などです。

甘えとは、運動不足や、食事制限、適切な生活を認識しても出来ない場合に発生する自制心の欠如です。

否定もしていないですし、批判もしていないですよ?ただ事実を書いているだけです。

自制心が無い人は消費傾向も高いので、経済貢献する度合いを考えると、自制心無い人はとっても素晴らしいと私は思っています。

│中学3年生女子

この子を例に出すとこれまで記載したことに色々一致します。

身長155cm
体重80kg

塾では母親が付き添って教室までいかなければ、脱走して遊びに行く。

自制心の欠片もないですよね。

「私着れる服少なくて男物のLサイズばかりなんだよねー」と言ってますけど、ダイエットなんてしません。する気もないですから批判もしません。他人事ですからね。

ただ自制心がなさすぎて不適当な様子が垣間見えるので、出来る限りかかわらないようにした方がいいな、と感じます。

│24歳大学生

浪人2年
就活の面接回数0
自称小中学校でいじめられていた
対人恐怖

在学中から公務員を志望するも応募資格がないので諦める。
周りが就活を決める間、自宅でゲームをして卒業間際。
対人恐怖だそうですが、大学の帰り道で食べ歩きをするためにコンビニでアルバイトをしていた経験あり。

コンビニを退職した理由は、オーナーが変わることに伴い、退職勧奨。

対人恐怖は食べるためなら克服できるようですね。
やらなければいけないこと(就活)からは、やっぱり逃げています。自制心感じません。

食への欲望を満たすためなら自称対人恐怖でもなんでも乗り越えるようですが、自制心ないです。必要なことも出来ない理由を作って逃げます。

┃喘息が言い訳の46歳

喘息の薬の副作用で太ると言い訳

喘息が出るため運動制限がある場合も、結局太るのは「運動不足」が原因です。

生活
・一日中家でゴロゴロ
・スマホとノートパソコンを寝ながら使う
・運動しなくても三食食べている。

毎月の食費は1人で4万円。

運動不足を主張するので、ポスティングでもしたら?と提案すると、「足が悪いから」と却下。

運動不足解消する気もありません。自制心ないです。必要なことも出来ない理由を作って逃げます。

メンヘラ 精神疾患 鬱 詐病 仮病 叩かれる 原因 理由