個人売買 フリマ オークション トラブル 実例

予見出来るトラブルや発生したトラブルを書いてみます。

 

┃誤配送

私はまだ未経験ですが、誤配送もあるようです。

発生条件は、

① 宛先の住所間違い
② 送り状の貼り付けミス

①に関しては、記入者(出品者)または提示者(落札者)のミスです。

②に関しては、送り状を貼らずにコンビニで出す場合等、配送業をする荷受人が間違えた箱に貼るなど。

┃配送事故

これは経験があります。

① 配送時の衝撃等で商品が壊れてしまう
② 配送事故による紛失
③ 配送時の紛失
④ 天候により水没

どうあがいても発生します。これを想定し賠償補償のある配送方法を選択するべきです。

私が経験したことがあるのは①から③です。配送方法によっては追跡もできず、賠償補償もありません。②と③は似ていますが違います。③の場合は間違えた家に投函があります。②の場合は廃棄されてることもありえます。

また配達のスタッフが遺棄する事件もあります。送料をケチるような相手は、危険と言えば危険です。その程度の費用もケチるということなので、トラブル発生時は最高に駄々っ子で話しになりません。

どうしても安い送付方法の場合は、事前に配送時のトラブルは一切対応、サポートをしないことなど明確に意思の確認を取り、発生時は配送業者と落札者で示談交渉していただくようにすることが必須だと思います。

┃出品者または落札者が異常

これも極稀にあります。日本語が通じないような人、自分ルールな人がいます。

落札者の異常

① 支払いを行わない
② 購入意思がないイタズラ
③ ポイント詐取目当てによる返品
④ 転売業者の値引き交渉

出品者の異常

① 出品している商品が違う
② 出品している商品の機能が違う
③ 盗品または横領品の出品

トラブルが前提になるので、こういった人の対応、対処法を先に理解して取り組まないと面倒です。出品物が特異である場合は、事前に調べられることは調べる方が良いです。盗品や横領品の場合は、怪しいと理解していて買えば、過失が0とは言えません。場合によっては、盗品等有償譲受とし、盗品等関与罪に問われることもあります。

一番多いのは、落札者の異常です。主に地域としては、大阪の西成地区付近の方がそういった場合が多いです。というかトラブルになった件数はそんなにないですが、そのトラブルの7割がそうでした。配送業の方と話をしてみると、地域で目立つところはあるとのことでした。

それも、たまたまかもしれませんが…。

┃その他

最初から購入の意思がなく、嫌がらせをする前提の方も当然います。クレジットカード支払いでのポイントの詐取目当てや商品の詐取目当ても含まれます。

ノークレーム、ノーリターン、ジャンク品などもトラブルの種です。ジャンクはゴミという考えで良いかもしれませんが、ゴミなのに高額商品である場合など、出品者自身が直せないことを確認しながらも、直せる場合の可能性を示唆しつつ売る手法として、ノークレーム・ノーリターン・ジャンクという商品説明にすることがあります。

┃安全な商品

消費税もかかってしまいますが、ショップが出しているものが安全です。または専門的な職業の人が出しているものですね。

┃入札前に気をつけること

相手の評価をよく読むことです。

評価がきれいな人だから安全とは限りません。取引件数の問題もあります。

詐取目当てや転売屋の嫌がらせ目当てや、様々な理由で評価を傷つける目当てにする人がいます。

評価がきれいな人ほど良いようにみえても、評価を買っている人もいます。

評価を買う、というのは、以前みたものだと、アマゾンギフト券10円分を1円で販売し、文字通り取引件数を増やすこと、良い評価をつけることを条件に買っていることがあります。

一見評価が悪そうな人でも、悪い評価を付けている人の評価を見るほうが良いことが多いです。

┃落札者に対して気をつけること

可能なら入札時に事前に対応してしまいたいですが、入札がある時点で、その人の評価を調べます。その人を評価している人も含めて調べます。

危険そうな人の場合はさっさと削除してしまえば良いです。

落札された後に発覚する場合は、落札後に質問をする場合、日本語が不自由であったり理解力がない場合、その他危険が予見出来る場合、可能な限り早いうちに落札者を消して逃げるが勝ちをしてしまう方が良いです。

┃質問

商品の質問ではなく使い方の質問や、見当違いな質問も非常に多く出品者、落札者にはあります。

よく目立つのは図々しいと思える入札前の人ですね。

技術的な質問やその他を行い、無料で教えてもらい、教えてもらえば満足してそのまま去ります。買う気なんてありません。

感覚的には、無料で勉強をしてるようなものです。

┃まだまだ多いですが

過剰なサービスが当然と考えている人が多いため、その辺でもトラブルになることがあります。

あくまでも個人売買で、企業から買うよりも安い中古品や不要扱いされたゴミを買っている感覚も必要かと思います。

┃感想

平然と盗品を売る人、偽証をする人、落札後から質問攻め、落札前に質問だけして買わない、など頭おかしい人は沢山います。

現実で対面し取引の場合でも、「欲しい」と言っている人が、販売をする人に対し「この商品の良さをアピールして欲しい」と意味不明なことを言う人がいます。

自分はプロではないから、という言い訳をしますが、関係ありません。技術的なことや専門的なことが知りたければ、学校にでもいけばいいのです。

販売者はあくまで販売をしている者であり、利用方法その他を教える必要は皆無です。

必要とする人が利用するために学ぶ必要があるのですが、日本では昔からサービスが過剰なため、購入したら「金を払ったのだから使えるようになるまで無料でサポートしろ」って人がいます。

まだそれを新品として企業から購入してればわかりますが、個人売買で中古品や新古品を格安で買いあさり、サポートも新品で買った人と同じ!と勘違いしている人は多くいます。

 

高額商品を購入しただけで、使えるような気になっている勘違いしている人のほうがまだ可愛いです。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。