仕事 アルバイト パート 人不足

人不足な仕事、募集しても人が来ない、人がきても辞めてしまう。原因を考えたことありますか?

 

見直すべきことを見れていないはずです。

┃報酬

十分な報酬が支払われているでしょうか?最近私が気になっているのは、高校生など学生アルバイト・パートの賃金が低いことです。

この賃金差って一体何から来ているんでしょうね?というのはさておいて、

報酬が十分な仕事でないなら人は辞めます。

 

┃人間関係

人間関係はかなり重要な要素でもありそうです。人間関係をよくするには、コミュニケーション(意思の疎通)をしっかりできること、または、最低限度の業務内容の会話のみで、プライベートに一切踏み込まないことかもしれません。

余計なコミュニケーションを求めない人もいれば、コミュニケーションが全く無いことが嫌な人もいます。

あ、もちろん頭がオカシイ人は別です。ここでいう頭がおかしいというのは、無駄、無意味なプロ意識などです。同じ雇われの対等な人に不必要な領域、相手に対して求めすぎることなどです。

入社間もない人が、熟練者として数年働いている人と同レベルまで働くことを求めること、求めすぎることはあるようですが、そういう場合やっぱり人が居着きません。

自分が慣れなかったころ、初心を忘れ、他人に高度な要求をする余裕がないような場所は当然人が離れます。育て方、コミュニケーション、対人関係が下手くそということでもあります。

後輩が先輩よりも時間をかけず習得し、出来てしまうと、先輩としている人達は全て無能な給料泥棒だったということになっちゃいます。

辛くあたる必要なんてありません。優しく接する方が誰にとっても得です。もし後輩が将来あなたよりも上の立場に慣れば、復讐されると思います。

人のやる気は不思議なもので、復讐心で燃えるほうが続いたりします。返報性の原理というものもあるので、人に恨まれるような接し方は損を呼びます。

┃負担割合

負担の割合も当然大事です。アルバイト・パートに正社員や雇用主と同等の責任や負担を求めませんよね?

賃金に見合った責任、負担が妥当です。割に合わないと判断すればいつでも辞めます。

労働者は14日後にやめると宣言すれば、14日後に辞められるんです。圧倒的に有利です。

サービス残業をする必要がある切羽詰まってる人は、本来経営者本人のみです。経営者からすれば、やらなければ成立しない=倒産=経営者と会社は一蓮托生=やらなければ破滅という選択肢など無い状態です。

それ以外の人、労働者は全て請求権がありながら自分で勝手に放棄しているだけ、または無知です。無知であることが助長し、職場環境を悪化させ、人不足になる環境作りをしています。

┃人が足らないということは?

上記に書いた通りの原因があります。

負担の割合としても、1週間は7日もあります。そのうち週の半分でも出勤を求めるのは、アルバイト、パートに対して妥当でしょうか?

私は多すぎると思います。週5日勤務などは正社員がやればいいんです。

過去私がみたもの、あったものでは、大学の必修のためにバイトができないといっても「休ませてもらえない」なんて話はありました。

人不足の原因は、雇い主の原因で労働者の原因ではありません。もちろん社員の原因でもありません。

ただ、社員は会社の犬になりすぎていて、悪化をするやり方、強要するようなやり方をしてしまいがちです。

忘れないでください、正社員もアルバイト・パートと同一の労働者で、改善要求をする側です。正社員がアルバイト・パートと対立する立場ではありません。

連休も含め、人が足りなくなる原因は、少数で負担を多くしすぎることが原因です。今はパソコンの普及もあり、給与の計算から何から全く手間がかからないです。人を増やしたところで大した手間などありません。

一人あたり3時間程度の労働と考えて、週2回出勤してもらう考えで沢山人を雇えば、連休中であっても負担の割合も少なく出れる人は確保できます。

しかしそれが確保できないということは、「アルバイト」に対して「過剰な期待と責任」を押し付けて、要求しているだけです。

┃帰属意識の作り方

①十分な給与を与える
②十分な休暇を与える
③余計な社内イベントを作らない

たったこれだけです。

完全週休二日制より、完全週休三日制にしてみるとか、労働時間を減らす、休暇を与えるなど、一番有効な手段のはずです。

長時間労働をしたところで効率がよくなるわけでもなく、疲弊させ、判断力が低下し余計な仕事を生み出し、マイナスの連鎖しかありませんよね。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。