お金がない 原因 理由

人の話をきいていて、沢山の人を見てきて、私が思うお金がない原因・理由についてです。

 

 

色んなパターンがありますよね。

┃例外

最初に例外を書くと、例外も色々あります。

労働者であれば、給与未払いや倒産、自営業者なら相手から支払いが滞る、滞納される状態。

親子関係なら、子にせびられてお金がない場合や、逆に子の奨学金に手を付ける親や、子のお年玉を強奪するような親もいます。

こういったものは、本人が原因ではなく、被害なので例外とします。

┃治療費

一度だけ私が経験したことですが、事故に巻き込まれ、救急車で搬送され、加害者がいるため支払いに健康保険等使えず、10割負担で支払ったことがあります。

レントゲン、MRI、CT全部あったので、10割負担は二桁万円ふっ飛ばしました。

もちろん病院では預かり金として1万円だけ、などできますが、加害者と連絡がつかない間、通院しないわけにもいきません。示談が成立しない間、保険が降りない間は、自己負担で10割支払い続けるだけになり、かなり出費が手痛いです。

┃冠婚葬祭

冠婚葬祭により一時的な負担もよくある話です。こういう時のために普通の人はお金貯めています。

┃省みない

自身の収支に見合った生活をしていない人はお金がいつもないです。

見合った生活ができないので、あればあるだけ使います。

ローンがある場合、お金に余裕があるときに繰り上げ返済をしないなど。

自営業者の失敗パターンでは、景気が良い時に繰り上げ返済をせず、遊び呆け、景気が悪くなった時に支払いを滞納し、ローンだけではなく従業員や仕事の関係の人、全てに対し支払いを滞らせ、信用を破壊し、関わることを嫌がられ、見向きもされず、そのまま破綻です。

┃予見しない

冠婚葬祭と同じなのですが、そういった突発的なことに備えたお金、を確保していません。

更新やその他全て、あれこれ支出があります。その中で、自分の置かれてる状況を把握し、トラブルになる可能性や、予見できることに備えていません。

┃使っている道具が原因

散々記事では書いてあるのですが、スマートフォンを使っていることもお金がない原因です。

iPhoneを使っている方がお金を捨てないで済みます。というのも、スマホは5年使えないことが非常に多いです。一方iPhoneは5cを除外してアップデートが5年提供されています。

スマホは下手したら1年で打ち切られます。打ち切る理由も簡単で、アップデートするくらいなら新しいスマホを販売したほうが収益になるので、しません。

選択する道具の償却率を考えることも大切だと思います。当然リセールバリュー(中古市場価格)もありますし、カバーをつけるなど、大切に扱い、不要になった時に少しでも高く売却し手元にお金を残す考えも大事です。

このページではAndroidを否定的に書いていることが多いですが、現実ではAndroidを肯定的に評価しますし、否定しません。

選択の自由は当然ありますし、私の懐が痛むわけではないのですから、利用者を否定して関係悪化するのも愚かなのでしません。

逆にAndroidの利用者が居てくれることで、一社独占にならず、競合してくれるからiPhoneの定価額があがらないことにも寄与してくれているので、否定することが結果的に自身に損を生む可能性も考察し、賢明ではないのでしません。

大事な人や仲がいい人等、理由があってここの記事に書いてあるとおりAndroidを否定することを相手のために否定することはあります。

┃見通しが甘い

失敗する人の話を聞くと、見通しが運頼みや依頼心を持った人頼みであったり、運や他人に生殺与奪を握られる状態を作る人は破滅パターンです。

┃考えない

使えるお金で何を生み出せるのか、後に発生する必要な費用、税、保険など経費になるもの。

┃自炊できない

これも特徴の1つです。

自炊が出来ないということは、飲食店に食べに行く、出来合いを買う、です。

自炊が出来ない、ということは、「出来ないことをお金で買う」です。

お金がない人が買うのだから当然お金は残りません。自炊に限らず、様々なことを「自分でやらず考えず、計算せず」他人にしてもらうという場合は、人を使う分費用がかかることは当然です。

お金がない人、お金を逃がさない人は、他人を使わず自分でやれることはします。

お金と時間がある人ほど他人を使わず自分でやる傾向が強く、結果的にお金が回らず不景気という側面もあるかもしれません。

※自炊が出来たとしても、自制心がなく食べすぎる場合や、本末転倒ですが、素材にこだわる、調味料にこだわるなど、身の丈に合わない行為になる人は論外です。

┃余暇の過ごし方

ここも大きな特徴です。

考え、学び、生み出すことは、学ぶために時間やお金を投資し、成果としてお金を生み出します。

娯楽に興じる場合、一部コレも例外を除き、ただの消費です。

余暇の過ごし方が娯楽に興じるばかりでお金の浪費を生んでいます。

┃言うだけ

例えば、アフィリエイトやブログ、AdSenseに興味を持ち、したいと思いながら、「言うだけ」で終わる人はいますし、実際にやってみて、全く記事を書かず収益化出来ない人もいます。

┃楽な方に流れる

これは私もそうです。楽な方にいくのは気持ちいいですよね。

私は怠け者と評され、だめな人って笑われます。

┃図々しい

これも実はお金が逃げます。

人が逃げればお金が逃げます。支払うべき金額を支払わないなど、最低限のことも出来ない場合や、たかろうとする場合。

こういう人は、良い話があっても当然回されません。当たり前です。

支払うべき対価をケチる場合、私はそういう相手には、一円までキッチリ計算し、期日設定を厳密に細かくします。遅延損害金請求しますし、再請求手数料も乗せます。

どうにも、他人の好意に甘えっ放しの人は居ます。こういった人は実家暮らしで内向的であったり、人とそんなに関わりません。

また、人に迷惑をかけている無自覚な場合、図々しく意味不明な理不尽な要求をすることもあります。

何から何までやってもらっていたり、自分でしないまま成立してしまうと、重畳する内容ですが、結局は自立できていないことが原因で、実家の家族が甘やかしてくれることを他人に求めます。もちろんそれは人が離れますし、必要なものをケチる結果、人望も含めて失い悪循環を招きます。

 

社会的立場(会社の社長)がある人も、良いとは限りません。というのも、労使関係の立場として、社長がどうしても上になり、労働者は下になります。上下関係です。

ブラック企業等もそうですが、立場がある人、お金がある=人格者というわけではなく、支払うべき対価を支払わず、搾取、詐取しているため持っているだけ、ということもあります。これは僻みでもなんでもなくそうです。というのもブラック企業として未払いやらなにやら摘発されたりするのって結局こういうことですよね。

┃感想

 

「お金を借りれることはすごい!」と言っていた私の父は、景気が良い時に住宅ローンの繰り上げ返済もせず、車のローンがある状態でさらに新しい車を買いました。

車のローンが重畳し、住宅ローンも滞り、親族から駐車場として借りてる費用の支払いも踏み倒し続け、信用も信頼も失い、誰も相手をしてくれなくなり、最後にはお金を借りれるだけ借りてから計画倒産し、蒸発しました。

もちろん一家離散です。

 

お金を借りることは、金額の大小あれど、誰にだってできることです。

一番すごいことは、誰にも借りず、自力で支払うことができ、誰にも迷惑をかけず、しっかり考えることができ、困ってるときに助けることができる側の人です。

お金を借りることは恥であると私は感じます。

私は父のおかげで今日まで人にお金を借りても期日内返済をし、踏み倒すなど迷惑をかけるような人にはならずに済みました。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。