キャリア 端末 機種 SIMロック解除 電波 悪い Android スマホ

SIMロックの解除が意味がない訳があるんです。

┃大手キャリアから発売されているAndroid

スマホ端末は、SIMロック解除しても大きな意味はありません。

共通の電波は使えますが、他社の電波には対応していないことが多いです。

これはAndroidでのソフトウェア上で「制限」していることがあります。そのため、同一機種が各社から出ていてもロック解除をしても共通の電波帯のみ利用ができ、「利用ができるけど、設定上拒否」している端末があります。

 

┃iPhoneは関係ないです。

iPhoneだけは各社から出ているものをロック解除すれば全て対応します。

日本のスマホは、「キャリアの依頼」で「メーカーが作成」し「キャリアが買取」、「利用者に転売」しています。

協力会社みたいなものです。なのでゴミのプリインアプリがどっさり入っています。

メーカーからすると、余すこと無く全て買い取ってくれ、在庫も持たず済むので、大口顧客で左うちわで楽なので、黙って言うことぉ聞いて言われるがまま、ゴミを量産します。

各キャリアに卸す時、同一の端末であったとしても、A社に販売する場合は、B社、C社の電波の対応をしない「設定」し、B社に卸す時、C社に卸す時も同じです。

ロック解除をしても電波が悪い!という原因です。

iPhoneの場合は、依頼を受けて作ったのではなく、開拓したので、先駆者としての強さ、長期利用可能な点などで有利です。

 

┃国産のSIMフリースマートフォン

国産まるで駄目ですね。

富士通の端末でM02、M03、M04が話題にあがっていました。どういったものかといえば、スペックが3年に渡り同じです。違いは石鹸で洗えるようになった、Androidのバージョンがあがったことです。

ただし価格をみると3万円で、3年連続買えば9万円です。

かたやiPhoneは発売から5年アップデートされます。

毎年3万円で5年続ければ、15万です。iPhoneは10万円としても5年使えるので、アップデート提供されないAndroidに比べればよっぽど安いです。

iPhoneが高いと感じる人は、目先のお金しか見れていません。トータルコストを見れないことで安物買いの銭失いをしています。

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。