返品 返金 有料 無料

返品と返金に関して知らない人、多いですよね。

 

何でもかんでも消費者有利にワガママできるわけじゃありません。

┃出来るところ

大手の実店舗や、Amazonは出来ますね。

Amazonの場合は、通販サービスであることから手元に来るまでわからない事、売上高もあることからサービスとして返品できます。

大手では別の商品を買うことが条件だったり、「馬鹿の対応が面倒だからという理由」で返品に応じたりします。

本来、無料じゃないですよ。

┃費用負担

返品・返金を要求する際、送料など購入者(消費者)が負担することがあります。

何故かと言うと、返品・返金の理由が消費者都合だからです。

商品に問題があったわけではなく、消費者に問題があったため、振込手数料、返送用の送料を問題のあった側が負担します。

もちろん昨日の記事にもありますが、瑕疵担保責任があり、商品が不良品であった場合の返品は消費者に問題があったわけではなく、商品に問題があったのですから消費者は費用負担しません。

┃実店舗が返品受け付けする理由

理由は2つあると思います。

まず、スタッフが消費者に声をかけて営業活動をすることから、スタッフの説明のせいなど、人の責任に転嫁する消費者がいます。

こういった場合、対応に時間が取られることが賢明ではないことからお店側が泣いている場合が1点目。

2点目の理由は、一定数こういった論外な人、過剰なサービスを要求する人を見越した「料金設定」(上乗せ)にしているため、特にダメージがない、または、商品の製造元に返品処理して押し付けてる、などです。

┃消費者契約法にもあります。

まず契約は、支払いと引き渡しにより終了しています。支払うことを条件に、対価を受け取ります。それで終わりです。

不良品もなければ問題ないですよね?欲しいものを消費者が選んで対価を支払い、対価を得て終わりです。

ただし、不良品だった場合に消費者が不利になります。なので瑕疵担保責任として、不良品だった場合、販売者が責任を負う義務が定められています。

この上で、返品・返金の要求をされるとなると、中古になってしまった元新品で返金をする、言い換えれば、お店が中古品を新品の値段で買わされる被害を受けます。

お店はそれを処分したくとも新品の値段で中古を買う人、いないですよね?そして返品に発生する送料、売上差戻し(売上取消)をする事務、返金のために店舗に来店なら小口現金から支払い(事務)、振込返金なら振込における手数料、これらを店が負担します。

これ、通ると思いますか?って話しで通らないんです。

実際こんなことが横行してしまうなら、お店にある商品全て買取、後日全て返品とすれば、その会社に大ダメージを与え倒産させようと思えばできちゃいますよね。(実際には刑事事件に問えますし、拒否するので倒産するようなところは、相当な頭の悪さだとは思いますが・・・)

というわけで返品・返金は、無料とは限りません。もちろん顧客を確保すること、頭のおかしい人の割合を計算した値段設定した上で、「返品無料!」と謳って営業しているところもあります。

Amazonの場合も返品は無料ですが、消費者都合の返品なら送料は消費者負担です。しかし、返品を繰り返せば利用停止・アカウントBANになるって話もあります。

客=お金を払う人 なので、損害を生み出す人は客じゃないんです。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。