Android SIM ロック解除 シム フリー 意味がない

過去の記事にも書いてあります。

キャリア 端末 機種 SIMロック解除 電波 悪い ANDROID スマホ

ANDROID SIMフリー 意味がない ロック解除

 

 

社名隠さないでいいかな、と、思うので書いちゃいます。

SamsungのGalaxy S6 Edge

この端末はドコモ、au、SoftBankで出ています。

ドコモは、SC-04G
auでは、SCV31
SoftBankではこちら

というわけで、上記の通り、S6 edgeは3キャリアから出ています。

┃ロック解除をした端末

KDDIの田中社長が当時のNEWS、囲み取材に対し、「解除しても意味がない」と”いうようなこと”を発言していたのは正しいんです。

ドコモのロック解除したS6 edgeにワイモバイル、SoftBankのSIMを入れましたが結果として、電波とっても悪いです。

SoftBankの端末にSoftBankのSIMなら良いんですよね。というのも、製造元は同じですが販売元は違います。

販売元の依頼によって製造元が、他の販売元の電波を拾わないようにしているので当然なんです。

┃ロック解除の義務!

義務の履行は果たしています。同一機種でありながら異なる販売元の通信には対応をしないというのは、禁止されてませんよね。

製造元は、販売元の依頼にしたがい、ハードウェア(機械)自体を違うものにするのか?といえば、答えはNOです。そんなコストかかることはしません。

ハードウェアにあるAndroidOSの中に細工して拒否すればいいだけなのですから出来ます。

 

┃ロック解除の歴史

Androidに限っては、当初からロック解除はできています。

販売元に依頼せずとも、自力で出来ていました。比較的制限が緩い端末に関しては、他社のSIMを挿すだけでコードを求められ、海外のサイトにIMEI(端末識別番号)を入力するだけで、5Euroくらいで買えてました。

販売元のキャリアなんて通さなくてもロック解除は出来ていたんです。

比較的制限がある端末では、違うSIMが挿入されても検知しないようにされていたりもありました。こういった端末は、他社、海外の端末のROMイメージを焼く(入れる)ことで、コード入力できるようにし、解除なんてこともできました。

 

本当にお金かけたくない!という場合なんて、自力で解除する方法、カスタムロムを焼くだけで解除されることもあったんです。

カスタムロムを焼いてロック解除される=ソフトウェアで制限
解除コード入力で解除=ソフトウェアの制限

ロック解除はそもそも、ソフトウェアで人為的に制限されているだけなんです。

┃ハードウェアでの制限となれば

人為的な制限を外しても、出来ません。

というのは極端にいえば、男性を妊娠させることができないことと同じです。男性という身体には妊娠機能が備わってないんですからできるわけないですよね。妊娠は女性だけの特権です。

 

というわけで題名に戻ると、ハードウェアが同じGalaxy S6 Edgeで、他社の電波が使えない(非常に悪い・圏外)のはなぜでしょうか?

 

答えは、人為的な制限です。

 

Googleから「Foma プラスエリア 対応化」など検索すると、バイナリ書き換え等で人為的な制限を自力で解除する方法が出てきます。

┃Androidは素晴らしい

ですが販売元の都合、製造元の都合でゴミになるんですよね。販売側は利益追求する権利があります。悪いことなのか?と言えば全く悪いことではないです。

ただし、比較対象があるためゴミです。

Androidは、精々1年から2年の寿命です。最新になんて出来ません。ランサムウェア、ウィルス被害もあり、最新にできないゴミです。

脆弱性が発見されても販売元は製造元にアップデート作らせませんし放置します。

そんなものやってたら儲かりません。新しいものを2年に1度7万で売りつければいいんです。利益追求のために5年も使えるようにしたら、儲からないです。

┃ロック解除の意味

アンドロイドは全く意味ないですよ。

MVNOはロック解除してなくても使えます。

 

販売元がauの端末なら、auのMVNOに行けばロック解除いらないです。

仮にロック解除してドコモの電波使おうとしても、上記にあるとおり電波悪いので快適じゃないです。

同じキャリアの電波の使えるMVNOにいくならロック解除不必要です。

┃勘定科目・記帳・簿記

ロック解除手数料=手数料または雑費
端末代=10万未満 消耗品費 10万以上 減価償却
毎月の携帯代=通信費
修理費=修繕費

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。