iPhone 現行品 サポート年数 Androidに出して良い上限額

サポートされる年数を推測しました。

昨日の記事にもまとめています。

┃アップデート提供(推測)

モデル 残年数 1年あたりの費用
iPhone X 5年 (iOS 15) 24,365円
iPhone 8 5年 (iOS 15) 17,021円
iPhone 8 Plus 5年 (iOS 15) 19,396円
iPhone 7 4年 (iOS 14) 16,686円
iPhone 7 Plus 4年 (iOS 14) 20,196円
iPhone 6s 3年 (iOS 13) 18,288円
iPhone 6s Plus 3年 (iOS 13) 22,248円

というような感じで、年数を推測してみました。

※小数点切上げ(通貨の単位に関する法律が切り上げ根拠です。)

1年あたりの金額を考えると、一番高いもので、24,365円ですね。

Android端末では、2年のアップデート提供が条件だったと”思う”のでAndroidを買う場合の上限は、48,730円です。

Androidで48,730円以上はiPhone Xより高いです。

2年以内で使い捨てる前提で、48,730円以下の場合、Androidのほうが安くなります。

※ケアを入れて考察するとなると、Androidの補償も考える必要がでるので排除してます。スマホの補償では、月600円くらいで、交換1回あたり7,000円から8,000円など。

┃iPhone SE

上記には記載していませんが、iPhoneSEの場合、CPUは6sと同じなので、残念数は3年と思います。

税別 39,800円なので、税込み42,984円です。

3年で割ると、1年あたりの費用は14,328円ですね。

Androidの搭載条件が確か2年アップデート提供だったと思います。SEと比較した場合、Androidに出して良い金額は、僅か28,656円となります。

AndroidでiPhoneSEと同程度のスペックで3万未満って、ないですね。

┃iPhoneは高い!

気のせいです。iPhoneの方が安いんです。

Androidがどうしても良いという考えも多くあるのは理解していますし、iPhone、アップルが嫌いっていう考えも理解しています。

私はどっちでもいいです。利用目的が達成でき、安価でセキュリティのサポートが長く、安く使える安全なものを消去法で選択しています。

スペックにこだわるのも
料金にこだわるのも
デザインにこだわるのも
操作性やカスタマイズにこだわるのも
個人の自由です。否定しません。

デザインの話でいうなら、iPhone XよりもEssential Phoneの方が美しいと個人的には思います。お金が有り余ってれば買ってもいいかなと思ってますが、貧乏なのでiPhoneです。

iPhone X 8 Plus Apple Watch3 費用 利用年数 まとめ

┃簿記・勘定科目

10万超えの端末代は、減価償却です。
償却期間は多分5年ですね。
AppleCareは、たぶん支払保険料

ケアと関係なく修理費が発生=修繕費

┃割賦販売

そういえば、「かっぷ」販売では、10万円以上では詳細審査が必要なはずなので、人によっては審査に通らず契約できないかもしれませんね。

分割購入は可能な限りしないほうが良いです。「未来の自分からの借金」です。

一括で買えない人は諦めるのが無難だと思います。

iPhone iOS 提供日数 まとめ

 

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。