自信を手に入れる方法

自信が無いことは不安ですよね。
不安だから強く言えない
よくわからないから何も言えない。
なら不安なこと減らしましょう。

どうして不安になるのか?
悪くなるのかを学びましょう。

日本は法治国家です。
自分の権利を知ることは、相手の権利を知ることです。

相手の権利がわかれば、
したらいけない事、言ってはいけない事

いっぱい理解が出来ます。

そんな時に言い返すことは、自信があれば出来ます。
相手と自分自身は対等ですからね。

今私は自営業、個人事業主です。
勤労の義務はあるんですけど、
理不尽な相手や不快な顧客との付き合いはありません。

拒否をする権利を持つからです。
全ての顧客と平等に接しています。

優遇を望む方、ご高齢な方に傾向として多かったです。

「他のお客様に対して不平等になるのでお断りします。」
これで全て終わらせました。

自信があるからこその体験談の1つですが

個人事業主になって数年経過。
1年違う分野を勉強をしていたのですが、
未経験からの募集があり、アルバイトとして入社し
勉強しながらお金にすることにしました。

早速面接の連絡をして面接となって即座に採用されました。
採用が早すぎたのでブラックかこれ?と思ってました。

実際ブラックはブラックらしいです。
私はホワイトに働けました。

優遇を得れたのでしょうね。
まず会社が教育しなくても勝手にもう勉強進んでます。
これだけでも会社にとって都合がいいですよね。

何故か入社3年以上の社員さんに
逆に質問され教えることが多かったです。

ある時に30代のスタッフが10代のスタッフに
仕事ができないことを指摘して怒っていました。

私は一切怒られていなかったですが、
聞こえてくるだけで不愉快で楽しくないので
割って入り言いました。

「○○さん。ここでどれだけ働いてますか?
自分と同じ期間まではフォローして楽しくやりましょうよ。
自分より経験が浅い人が自分以上って、自分が無能って言うのと変わんないでしょ?自分以上になった時に恥かくのは自分なんだからさ」

こういいました。この方には私は何も言われてないんですよね。
「自営業していてお金もらって勉強しようと思ってきました。」
挨拶以来の会話でした。
ある時PCで打刻をするところだったのですが、
朝の役職さんに言いました。

「この会社ってタイムカードいじらないんですね。」

返事はこうでした。

「いや…。やれって言われてるよ。けど君のはいじらない。
ほかの子みたいに無知じゃないから怖いんだよね。」

確かに無知な人は多いですよね。
タイムカードがいじられることがあったり
有給はアルバイトだと出ないと思い込まされていたり。

様々な見識を持っていることを相手が察すると
何も言わなくても不遇な扱いをされません。
むしろ優遇されるようです。

私自身が10代の無知な頃に比べると随分違います。

自信を持って対応をする。
自信を持った発言をする。
自信を持って行動をする。

自分の仕事があるのでいつ退職でも痛くない。
自信に溢れることは理不尽を寄せ付けません。
守るためにも戦うためにも自信は必要です。

不平不満を感じたら勉強しましょう。
愚痴っても解決しませんよ。

不平不満を得る原因は自分の無知が原因です。
他人をアテにしてはダメです。
期待した自分自信に裏切られちゃいますよ。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。