Sandisk SSD PLUS RMA 修理 交換 申請 手続

サンディスクは楽ですね。

┃壊れました

題名の通りですがSSDが壊れました。

サブのMacbookに使っていたのですが、High Sierraにし、BootCampのWindowsのアプデをして翌日の朝触れたらSSDが認識しなくなっていました。

┃症状

1.認識しない

2.初期化不可

打つ手なしでした。ありがたいです。

以前ADATAのSSDが損壊したときは、初期化が出来て使えるものの、3時間~12時間後にはデータが全て飛び、データの保持ができない状態でしたので、RMAも難航したので、それと比べるとわかりやすく壊れてくれたので助かりました。

┃Sandiskはおすすめかも

RMA申請で送り先が神奈川県でした。ADATAのときは送り先が台湾だったので国際郵便での送料も大きかったです。

また、私が利用していたのは3年保証のものです。保証が2年残ってる状態で壊れました。交換品は新品になる予定だそうですが、その交換品にも保証がつくと案内を受けました。

この点おすすめですね。

日本語が不自由なところは同じなので、言語の問題は同じかと思います。

安いなりに安い人件費しかかけられない点はやむをえないですよね。

┃ADATAはだるかった

SSD 故障

ADATA RMA やめたほうがいいかも。

 

┃勘定科目・簿記

SSDは10万円行かないので消耗品費です。
送料は通信費です。
修理にお金がかかる場合は修繕費です。