怒られる 原因 理由

ふと考えると、私はずっと怒られていません。どうやったら怒られるんだろう?と考えてみました。

│いい加減

いい加減な人はよく怒られていますよね。適当な人は怒られません。

適当の言葉の意味はいい加減ではないですよ。

│守らない

約束を守らないので怒られるのは自然ですよね。

│人任せ

これも怒られる原因でしょうね。

│損害を与えない

経済的な損害や時間的な損害は怒られる原因ですね。

※損害をお金に換金して請求することが賠償請求です。

│怒られないためには?

・他人任せにしない
・約束を守る
・いい加減に引き受けない、やるならきっちりやる
・損害を与えない
・かくれんぼうをする。

これだけかもしれません。

かく=確認
れん=連絡
ぼう=報告

│ちゃんとしてるのに怒られる

怒ってる人の頭がオカシイことは当然あります。

その場合は、怒られるではなく難癖をつけられる、因縁をつけられると呼ぶべきかもしれません。また、怒られたときに、相手の理不尽な主張(わがまま)を飲んでませんか?

ちゃんと言い返さないので理不尽な要求をされ続けるのは怒られるとは違います。

│なぜ怒るのか考察してみましょう

約束を守られない=違反だから怒る
いい加減にされる=必要な機能がないから怒る
人任せにしている=いい加減に請けるから怒る

というところでしょうか?往々にして(怒る)相手に対して過剰な期待があるから怒るのだと思います。もちろん期待以前に「損害」を与えられて怒るのも自然だと思います。

肉体的損害として殴られて怒らない人はいないのではないでしょうか?

また約束違反を怒るのは当然です。怒る人は対象から損害を与えられているので怒ります。

※怒る必要はないですが、一番簡単な解決方法が怒るだったりします。怒られるのが嫌だから、やりたくなくても渋々やることが大半なのでそうなんでしょうね。

│怒らせる人の特徴

・いい加減
・自分の都合重視
・全体をみていない

大体こんな感じだと思います。

│怒られない人の特徴

・ちゃんとしている
・全体をみている
・全体の都合も考えている

 

※例外としては、いうだけ無駄と諦められている人も怒られません。そのタイプの人は、怒る怒られる以前に何も依頼されず任されません。空気のような扱いです。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。