不満を溜めている うまくいかない人 共通点

周りに居ますか?最近話しを聞いていて同じ特徴、共通点を感じていました。

│必要なことから逃げている

現実逃避ですね。

やらなければいけないことをやらないので、いつまで経っても、必要なものが達成されません。

「やらなければいけないこと」から逃げていますが、必ず捕まるのがわかっていないのか、日々期日が迫ることにストレスを溜めています。

│努力の方向が違う

必要な努力に応じた、能力に応じた結果がでます。

勉強だとしても、教科書をただ丸写ししただけでは点数は取れません。算数なら解き方を理解しないと解けないですよね。

求人をみているだけで応募をしなければ採用は得られないですよね。ゲームで遊び続けているだけで採用を得るのは難しいですよね。

│都合が悪い事に返事をしない

都合が悪い事なので、返事をせず逃げていますが、進展はありません。逆効果なのを気がついていないようでもあります。都合がわるいことを指摘されるというのは、実はチャンスです。

そこで自分を振り返り改善すること、今必要なことに気がついて行動を起こすチャンスです。

返事をしないことで必要なことから逃げ、また無駄に時間を浪費し、より自分の立場を悪くしていきます。

どちらにせよ、やらなければいけないことで他の誰かが代わりにできないことだったりします。

※実は知人の就職活動を書いています。

│ちぐはぐ

お金がないお金がないと言いながらエステに通っていたり、スポーツジムに通っていながら税金を滞納している人だったり、行動が伴っていなかったり、綺麗事を言ってみても生活が不釣合いだったり、ちぐはぐな状態の人が状況に不満を溜めていたりうまくいかないと考えています。

原因は本人にあることが大半です。

例えば就職活動なら「親に迷惑をかけたくない」と言っていても、思っていても必要な「面接」を1つも受けていない事は、やっぱり「ちぐはぐ」ですよね。

迷惑をかけたくないはずなのに迷惑かけるしか維持できない状態を作ってます。

 

 

│何もしないで結果はでない

不幸だったね、仕方なかったね、と慰められるような何かに巻き込まれたものでもありません。

後悔か八つ当たりしかしません。中身も非常に自己都合に終始しており「なんで(自分の気持ちを)わかってくれないの?」等、目立ちます。ですが周りは「なんでわかってたのにしなかったの?」が多いです。

落とし穴が目の前にあるのに避けようともせず自分から落ちていく。「信号が赤なのに無視をしている」という程度の凄惨さです。

必要なことしなければ結果でないですよね?お腹が空いているのに食事を取らないことと同じです。息をしないで酸欠で死ぬのと同じです。

│社会性がない

甘やかされて育ったのか、ちやほやされて育ったのか、社会性がなく、「自分が中心」と勘違いしていそうな振る舞いがあることもあります。

社会に出れば自分自身よりも年下の上司、年下の代表者等「普通」のことですからね。理不尽も多くあります。

「年齢に固執して使いづらい年上の部下」というものもいたり、「世間知らず、身の程知らず」って言葉がピッタリ似合うような人もいます。

不要なトラブルを避けることを考えれば、年下も年上も分け隔てなく常日頃から敬語、丁寧な話し方が無難です。名前を呼ぶときは性別年齢問わず「さん付け」が無難です。

社会性・社交性のない人は、相手から挨拶をしてくるまで挨拶をしないという謎のこだわりがある人もいますよね。気がついた方から環境をよくするために挨拶することが無難というか普通です。

│曖昧な目標は消極的になる

しっかり目標を決めて積極的に参加している人は、目標に向かうためのステップアップとして目の前の課題をクリアしていきます。

目標が無いことは何をしたいの?と考えたときに「楽そう、安定してそう」等、したいことは「いい加減に楽」を望みます。

曖昧になるので流れるままに決まることもありますが、したいことではないことを続けることが楽なわけもなく、楽しめるわけでもないので、苦痛になり最終的にやめることも多く、無駄手間になっていたりします。

無駄を楽しむ心の余裕があれば良いのですが、人に対して「自分がいかに不幸でついていないか」愚痴ったりし、理解を得られないことにストレスを感じて八つ当たりの攻撃(あなたはうまくいっていいね等、嫌味)をしたりします。

│余裕がなく卑屈

必要なことをせず、結果がでず。どうにもならない段階でも目が冷めないで状況判断ができず余裕な人もいますが、それとは別に、状況判断ができても「必要なこと」をやっぱりしないまま、消極的になって卑屈になり、負のスパイラルに陥っていたりします。

けど結局は自業自得が招いた余裕の無さで、溜めたツケで苦しみます。

自制心が弱く怠けてサボっていた分だけ大きな障害になって自分に返ってきます。

人をみるときに、自制心を判断することもあるようです。自制心がなければ喫煙の我慢や暴食の我慢もできないですからね。節制した生活、行動ができない人は突発的に感情的にトラブルを生み出すことがあるので、だらしない体型や格好の人は敬遠されることがあります。

│準備不足

公務員になりたいと数年前から言っていても「応募の要件、資格を満たせず応募」できない人もいます。

数年前なりたいと思ったときに必要なものを確認して準備していれば、資格もあったのではないでしょうか?

公務員の中でも年齢要件は各市町村によって違いますが、家の近くのだけをみていたり、他を調べてすらいないこともあります。

│誤った判断

 

・通勤ができるのか不安
・ブラック企業だった場合の不安
・就職一年目の先輩の失敗
・純粋に応募資格がない

という4点の不安(問題)に直面したときに歩みを止めてしまう人がいました。

現状に対して消極的になり自分自身を卑下し不満を感じていたり、うまくいかないと見当違いなことを考えて消極的になっています。

上記4点の解決策なんて非常に簡単ですよね。

・通勤ができるのか不安=無理だと判断したら退職か近隣へ引っ越す。

・ブラック企業だった場合の不安=退職して特定理由離職者(雇用保険の最低加入6ヶ月必要です)で失業給付をもらう+可能なら職業訓練に行く

・就職一年目の先輩の失敗=そんな話もあるよね。という程度でどのような物だったか予習にする程度で、動きを止めない。

・純粋に応募資格がない=資格を得るか諦める。

│うまくいく人

実際には必要な努力がなくうまくいく人なんていません。

うまくいっているように見えるのは、何もしていない、知らない人の目線からだけです。

うまくいっているように見える人は、必要なことをしています。相続でお金が簡単に手に入った、なども思うかもしれませんが、それまでの家庭内や、その人に応じた苦労や悩みもあります。

たとえ、宝くじに当って高額当選した人であっても当選のために「宝くじを買う」という必要な行為をした結果です。

│不満

これもいません。人の欲は無限なので求めれば、望めば、上限なんてありません。

上を見てもキリがないですし、下を見てもキリがなく、下がいるからいいやと安心をしている間に抜かれていきます。

自分本位な都合が良い不満を蓄積し、うまくいかないと「必要な努力をせず」に考えます。

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。