サービス業 人手不足

賃金があがらないのが面白いですよね。

│ようするに奴隷がほしい

そうとしかみえないですよね。

「人手が足らないから、外国人労働者をいれる」という考えが非常に不愉快な考え方だと思います。

外国人労働者なら安く使えると考えているって話ですよね。

│人手が足らないなら賃金をあげるべき

賃金をあげるために料金を上乗せするだけでいんですよね。

過剰サービスを減らすのも手です。安く維持しようとするから無理なだけです。

│値上げするとよさそうなところ

セルフサービスを多く配置し、セルフではないスタッフに給仕してもらえるところは、サービス料金として20万くらい上乗せすればいいと思います。

私の考えとして対価出せない人は、2つに1つでいいと思います。

・諦める
・自分でやる

無料でやれ!というのは強要罪で逮捕しとけばいいんです。

人に義務のないことをやらせることは強要です。対価の支払いにより相手が受諾することで義務になるので、対価払わないなら権利侵害です。不利益を予告すれば恐喝と同じです。出来ない人は払えばいいんですからね。

高いお店が高い理由はサービス料ですよね。

│適正価格とは

1から10まで自分で行う労力より安ければいいんです。

ものを作るで考えたら、バブル期に比べれば車を買う場合でも1から作るよりよっぽど手間も時間もかからず安いですよね。

そういう意味では現在の車体価格だって適正価格だと思いませんか?

※バブル期が安いという車の根拠はこちらの記事です。

新車の価格が60万円

│セルフで困る人

困る人は往々にして、「自分でできない人」ですし、周りができるのにできない=「社会性の欠如」であったり、当人の能力不足の問題です。

出来ないことをしてもらう=お金がかかるですよね。本人の要求の対価が無いことが異常なんです。

│クレジットカードの手数料

カードの手数料が高いから利用不可のお店ってありますよね。

けどカードの手数料は、担保という安心があるのですから高いとは思いません。

むしろカードを使えない人がお店の効率も下げるのですから、現金利用者はサービス料で20%くらい現金対応サービス料でも取れば良いんです。

カードが作れないような人は、信用がない人、約束を守れない人なのですから切り捨てていいと思います。個人的にです。

※カードの担保とは、現金取扱ではないことによる、横領や強盗による被害の低減が一番でかいと思います。現金受取で横領されるよりマシですよね。横領に比べればカード支払いだから出来ないというのは大きいです。

│国によっては

若者が多い国では、使いこなせない老人は損をします。ですが日本でも高齢な90代でも出来るって人はいます。

出来ない理由は、「やる気がない」からで必要が無いからです。周りが面倒をみてあげる、施しを無料でしてもらえる。

ただの図々しい人間が出来ないだけです。

│外国人労働者が増えても良いと思います。

住み分けすればいいんです。

今まで通り低価格のお店に外国人をいれたとしたらそこはそれでいいと思います。給仕が日本人限定でサービス料として大きく上乗せしたお店を作ればいいです。

日本人の接客が良いか、外国人の接客が良いか、料金で住み分けすればいいだけです。

 

ただ問題は、低賃金で使うために招いた外国人が続けるか?ですね。

介護の人手不足に外国人を投入して外国人逃げてしまったようですが、歴史に学べる賢者は老人にいないようなので、外国人労働者が入った後の治安が悪化したり、過剰なサービスに慣れていない外国人の接客に中年以降が満足できるのか興味あります。

│他人を使うのに対価が必要なのは当たり前

無料で他人にしてもらおうって考えの中年以降の人、とても多いです。

 

例えばこの記事にもかきました。

情報 結果 対価 有料 無料

値引き交渉 断り方

時間がない 言い訳 弁明 弁解 いい加減 だめな人 原因 対策 解決法

返品 返金 有料 無料

理想は自らに課しませんか?

円満な交渉術

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。