派遣 雇い止め 2018年 問題 

私個人として、何も問題無いと思います。安易にその場その場で甘んじてきた人が困ってるだけだと思います。

言葉の意味がわからなかったというか、理解力や判断力の問題だったのかなと思います。

 

│はじめに

派遣の前提は、臨時・一時的労働です。

例外的に特殊な仕事での派遣もあるようですが、この特殊に該当する人はこの問題に困ることはありえないはずです。特殊な技能を使っているのなら、替えがいないのですから。

知人に特殊技能で派遣を敢えてしている人はいます。お金がよく替えがきかず、優遇された形で、同じ職場が嫌だから転々とするのが自分に合うという人が1人だけいました。

※個人的には自営業にでもなればいいのにと思いますが…。

│雇い止めに問題があるのか?

一切ありません。そもそも派遣とは「臨時・一時的労働」です。
問題があるのは、雇い止めをされて困る側にあります。

臨時・一時的は安定ではないですし、継続的・永遠ではないです。臨時・一時的は言い換えれば、その場しのぎです。

その場をしのぎきれたら、もういらないですよね?

│雇い止めされて困る人

特に困らないと思います。しっかりセーフティネットがあります。

雇用保険加入による失業給付が出ます。失業給付期間中に就職活動を行い、それでも就職先が決まらない場合は、住居確保給付金があり、12ヶ月以上給付を受けながら就業活動をしても見つからない場合、生活保護があり、困る要素は全くありません。

役所や労基署で手続きしてください。なんとでもなるんです。

│臨時・一時的が好みな場合

今回の雇い止めで困ることは一切ないですよね。

「臨時・一時的」がよく派遣になった
「臨時・一時的」に必要で企業は求めた

その結果が派遣です。

労働者側は、雇い止めになっても、別の所で今までと同じように
「臨時・一時的」に続ければ良いですよね。

企業側は、雇い止めをしても、「仕事を教えるための手間や投資」をして「臨時・一時的」に続ければ良いですよね。

どちら側も長期的には「損」でしかないのですが、目先しか見れない双方にとっては、今まで通り「臨時・一時的」に続ければいいと思います。誰も困る要素はありません。

│正社員になれないという言い訳

派遣社員の人、私の知り合い、友達にもいます。

さて、質問です。派遣社員のその期間中、何回転職活動を行いましたか?正社員雇用を探しましたか?ハロワ、求人サイト、エージェント等いくつ登録していますか?

私の周りだけかもしれませんが、
・正社員になりたがる知人
正社員になるための就職活動を一切行わず、正社員になりたいって言っている人。

・新卒の子
1人だけ文字通り一切就職活動をしなかった、面接を一社も受けていない結果、内定が取れないと困ってる人

これって将来、臨時・一時的な現状がしのげなくなる見通しがあるままに、何もしない結果、あとで困るのは当然のことですよね?違いますかね…?

逆にいえば、正社員になるための活動をしている人は、皆正社員になっています。

新卒の他の友達も皆、内定とりまくってます。

│生活に余裕がなく、勉強をする時間もなく、遊ぶ時間もない

本当にそうでしょうか?私はとても懐疑的に思います。

家族の介護があるという場合や、本人以外の原因により自由がなく、働く時間がない人もいるかもしれませんが、その場合は、役所の弁護士相談や生活保護の相談にいってください。

生活に余裕がない=転職活動はしないのですか?役所へ相談いきましたか?
勉強をする時間もなく=転職活動はしないのですか?
遊ぶ時間もない=転職活動はしないのですか?

自分から困るべくして困っているように私からは見えます。

 

│意味不明な野党や活動家

生活を楽にする、まともな給与賃金のために改善をする前提で考えるのなら

上限に達し雇い止めが発生する状況に対し、政府や法律を責める意味不明な活動家、野党の人いますね。

まず、昇給なくボーナスもなく、「不安定な臨時・一時的雇用」を守る必要があるのでしょうか?意味不明です。

そして、雇い止めをさせない場合、それは「不安定な臨時・一時的雇用」を継続させるだけではないのでしょうか?

さらに、改善のために上限以降も継続して働いて貰う場合に「直接雇用」にすればよいだけなので、直接雇用をしない企業を批判するべきで、攻撃の矛先が与党や法律になるのは何故でしょうか?

結局、長期的でも目先で考えても、どちらにせよ法改正により労働者が損をすることはありません。雇い止めを受けて無職になっても、失業給付あるじゃないですか。住居確保給付金あるじゃないですか。生活保護あるじゃないですか。

│企業だって選びたい

当たり前ですよね。私自身が個人事業主という立場でみても同じです。

今まで学生時代の友人やその他にも「雇ってほしい」と言われたことがあります。皆さん撤回されました。

│私個人の雇うかどうか

自営業=個人事業主だと、仕事と代表は一蓮托生です。

労働者と同じように労働法で動きませんし、雇用保険に関しては守られませんし、請け負った仕事は当然、期日内に終わらせないといけません。時給なんて関係ありません。請け負った仕事の完了までが仕事です。早く終われば時給1万円、時間がかかれば時給1円だってありえます。

雇われる労働者に比べれば完全な成果主義になり、やりがいもあれば厳しさもあります。

請け負った仕事は完成することが前提なので、成果を出さなければいけません。完成ができなければ違約金もありえますし、信用も毀損すれば、そこからは二度と仕事がこなくなるでしょう。

ただそこにいるだけで賃金が発生することはありえません。時間労働ではない請負労働なのですから、基本給を時間で割って1時間あたりの給与がでるわけじゃないです。

請負で仕事を完成させるまでが1つの仕事で、仕事が終わらないからといって帰宅もできなければ、残業代も出ない。

自分で出来る仕事と予測時間、損益分岐点を考え判断して仕事を請けるか考えます。

労働者として雇ってほしいというのは、何も成果を出さなくても、ただそこにいるだけで1時間あたりの給与が発生し、8時間を超えれば残業で追加で25%発生し、休日に働かせれば35%上乗せしなければいけないです。

そして雇う場合は、風邪を引いた場合や、天候不良により、休ませないといけません。安全配慮義務違反になります。成果が出せないとは言え、雇うからには所定労働日数の8割をきちんと出社したら有給休暇も与えなければ罰金100万円です。

安易に楽そうだから、友達だから、知り合いだからと考えてるなら、それは多分大きな間違いだし、あなたを雇って具体的にこれら負担、負債になる責任を覆して余りあるほどの利益がありますか?

その利益を開示して説得してくれないと受け入れられないし、もっと言えば、同じ覚悟をもってあなた自身も「個人事業主」として開業し、私と業務提携する形で「仕事をまわす」のも秘密保持契約をする上で考えてもいいけど、それよりも簡単に解雇ができない正社員と同じアルバイト・パートの方が「何も考えないでやって会社に利益を生まなくても解雇一つも相当な理由がない限りできないから、そのほうが良いんじゃない?」というと、

雇ってくれーと甘い考えで言った人は皆さん撤回します。

今まで1人も、同じリスクを背負って頑張る!という人に出会ってません。

 

というように、会社は正規雇用してしまうと、解雇を出した場合に助成金がおりなくなる問題や、解雇をしたとしても無効になる場合もあり、日本の労働法は、ものすごい正規労働者にとって有利です。

正社員=アルバイト=パートは同じです。法律上、同じ「直接雇用の労働者」です。

派遣社員は直接雇用ではないです。派遣元の会社との「期限切れ」でいつでも解除できます。

契約社員も同じく「契約期間満了」で解除できます。

│社員という肩書

幼馴染の友達に「肩書目当て」で派遣社員になった人が一人います。

何度も教えてあげたのですが、わからなかったみたいです。

人に仕事を聞かれた時に「どこで(派遣)社員をしている」という、くだらない見栄のために立場が弱い直接雇用ではない派遣社員に落ち着いてずるずるしている人がいます。

その友達も今回の改正で困るのかもしれません。転職の仕方も労働法のことも沢山尋ねられて答えてあげたのですが、友達の安定のためには繋がらなかったようで残念です。

ただ、本人が自分から安定を望まないで不安定に突き進むからには、私にはどうしようもないんですよね。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。