国民年金 基礎の基礎

国民年金しっかり納付していらっしゃいますか?

あなたが親なら子へ損害を与えてることもありえます。
あなたが子なら親から損害を受けていることもあります。

 

 

国民年金は20歳から義務です。
義務ではあるものの、支払えないことはありますよね。
色んな方と知り合ってきていますが、生活保護者であったり、学生であったり、所得が少ないであったり、解雇になった等、様々なケースがあります。

知るべきことを知らないために、将来に繋がる損害というのもあるんです。

まず学生の場合。

学生納付特例制度がありますね。
学生本人の所得が一定以下の場合です。

所得基準(前年)が
118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等

適用された場合、納付額は0円です。
納付歴にカウントされます。
万が一障害を負ってしまった時、障害年金が受け取れます。

 

次に30歳未満であれば申請できるもの。

若年者猶予ですね。
大体コレなってるとは思いますが、これは猶予であって免除ではありません。

猶予になってるからいいや、と免除できるのにしない場合
やっぱり大損ですよ。
月1.5万円として10年猶予にだけした場合

15,000*12*10=180万です。

猶予は免除ではなく、猶予です。
期間の猶予が与えられ、支払う金額です。

上記の通りざる計算ですが180万円として
免除にできたのに猶予にしていたばかりに
180万円支払わなければならなければ、180万円って高くないですか?

そして免除ですが、免除は免除です。0円。
所得が少ないのなら、無いのなら0円です。

ただし国民年金の免除申請では、本人の所得が無かったとしても、
世帯主の所得が一定以上ある場合、免除になりません。

自分の子ども本人のだから知らないよ、と言っても世帯主の所得次第で免除になれません。

金額の話で言えば、世帯人の扶養控除ありますよね。
扶養控除で免除されてる金額大体の年金の額です。

扶養控除で税金が浮いてるように見えるだけです。

もちろん子どもに所得がなく支払えず、免除が通らないとなれば、差し押さえ対象は世帯主です。

年金の支払は世帯主の所得に左右され、世帯に入っている人が対象であれば、支払の義務を世帯主は負います。なので、差し押さえ対象は世帯主です。

※法律上世帯にいる人の所有物は、世帯主に所有権があります。世帯主ではない人へ差し押さえをしても、所有権が認められない「ことがある」ため世帯主に差し押さえがいきます。離婚の際の共有財産等はまた他の見方もあるので、勝手な処分の根拠にはしないでください。

子どものだから知らないとほったらかしていても
世帯主の支払い義務でもあり、その分扶養控除で恩恵に授かりつつ、それは子どもの支払いだって言うのはワガママです。

対策として子どもや収入のない家族だけ同一の建物に住みながら、別世帯として暮らすことで年金の免除申請は通ります。

その場合は別の問題として、世帯収入が下がっても世帯割等その他発生する税金もあるので、よく計算し考えることは必要です。

 

とても、かなり、年金や税金に関して理解していない上に調べない人は多く、結果として自分の子に負債を押し付けてるものを私はかなり、見ています。

 

知人のパターンだと、23歳の女性で、実家暮らし
父親が世帯主で、扶養控除が欲しいために年間の所得を子どもに制限し、年金の支払や携帯電話の支払も本人。加えて学費返済。

このパターンで年金が毎月1.5万*12ヶ月=年間18万
携帯代は一般の人なので7,488円*12ヶ月=年間89,856円
毎月学費を返済で3万円ずつで毎月の支出は52,488円。年間63万円として、扶養控除は年103万とし、本人が自由に使える金額はギリギリまで働いても一年間で40万円しかなく、12ヶ月で割ると毎月33,333円です。一人暮らしもできず交際費としても潤沢ではないですね。

23歳という年齢で扶養控除が欲しいという自分本位な都合を押し付けられ、正社員になることも許されず、等酷いパターンもありました。
子どもを作り育てるなら、子どもに投資して豊かになるべきです。

子どもからお金を巻き上げる考えを持っている人は、人の親には向いていません。法律上でも労働者本人の給与は、代理に親に支払うということが出来ないように制限をしているのは、理由を察せますよね。
※労働基準法第59条 未成年者は、独立して賃金を請求することができる。親権者又は後見人は、未成年者の賃金を代って受け取ってはならない。

 

かくいう私の家庭もそうでした。
世帯を分けて欲しいと当時言ったものの
父の「見栄」により「そんな恥ずかしいことは出来るか」と拒否されましたが、扶養控除は欲しいため、という見事なわがままで私の年金は親に与えられた負債の期間が存在します。

 

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。