恩着せがましい 付き合い方 親 友人 人 

恩着せがましい人との付き合い方についてです。

│全てに一致します

関係切っていいです。これで全ておしまいです。例え親だろうと友人であろうと関係ありません。

関係を切ることで損をすることがある場合は、恩着せがましいではなく、現在進行形で恩を着ている状態です。

 

│恩着せがましい親

これはよく聞きますよね。まず親子関係の場合はただの人付き合いではありません。

親=育てる義務
子=学ぶ権利

です。これが前提で違います。育てる義務なので、育ててやったというのは当然なことです。

言うまでもない人の親なら誰でも背負う義務です。

もし恩着せがましい親がいるなら、切ったほうが良いです。関係ありません。生計を成り立たせる事ができ自立しているなら、もう親なんていらないですよね。

親に感謝を無理にする必要ありません。義務です。

│恩着せがましい子ども

聞いたことが無いのでいると思えませんが、もしそんな子どもがいるのなら、同様に切っていいですよ。

親子といえど結局は別の生命体です。他人です。

血縁があっても他人です。他人とは他の人と書きます。

│恩着せがましい友人

同様に切っていいですよ。恩を押し売りし着せて、何かを要求するというのは、強要にもなりますし、警察沙汰にもなるようなものです。

│恩着せがましい人

仕事での人間関係
近所での人間関係
地域での人間関係

人間関係の中には沢山います。社会性、社交性を以て、信義誠実の原則で倫理を伴った人間関係をしようとしても、変な人はどうしてもいます。

例えば私が幼少時なら、友人の親にお菓子をいただいて、それを恩着せがましく私の親に言うような人もいました。私の親はそういったことから、どういう状況でもお菓子も食べ物も貰うのはやめなさいと教育してくれました。

│恩を着る必要がある人

相手がいないとダメ、切るに切れない側の人が恩を感じる必要があります。

恩着せがましく感じたとしても、相手の存在がなくなることであなたが困るなら、恩を着まくっているからなので恩を感じる必要があり、相手の主張通りに折れる必要があります。

・20歳の学生
あなたが20歳を超えているなら大人です。親は扶養義務はないです。出ていけば解決します。もし親に経済的に依存して食べさせてもらっているようなら、「大学生であっても」義務教育は大学を含まないので恩を感じ、感謝する必要はあります。

義務がないとは「しなくて良い」なのであなたの面倒を見る必要がない中で敢えて面倒をみてくれているのですから当然です。

・仕事の面・人間関係
同様に、相手との関係を切る前提で考えた時に、あなたに不利があり、相手に何とかしてもらわなければならないような状態なら、恩を感じる必要があります。

生殺与奪を握られてるような、相手に面倒をみてもらっているという状態です。

逆にいえば「相手がいなければ成立させることが出来ない」というのはあなたの能力不足を意味します。

仕事では「あなたがいなければ仕事が成立しない部分」がある場合は、対等な関係です。

│解決なんて簡単です。

特別に恩を感じる必要がなく、関係がなくなっても困らず、あなたが20歳以上なら切ることが正解です。

切るとは、関係を断ち切ることを意味しています。とっても簡単ですよ。

誰にだって出来ます。出来ることを言い訳がましく「デモデモダッテ」としない人、とっても多くいますが誰もが平等に戦う選択ができ、得ることが出来るものです。

ただ伝えることや、関係を持たないようにするだけで良いんです。念じているだけ、愚痴っているだけでは、聞いてくれる人の時間をイタズラに奪い、楽しくもない話を聞かせることから、相手からのあなたの評価はガタ落ちになり、人によってはあなたから去っていきます。

対象者の相手に伝えずに通じるわけありませんよね?自分自身で気持ちよく生きていくために戦ってください。あなたを助ける義務をもった人は存在しません。

「恩着せがましいことが嫌なので関係持ちたくありません。」とはっきり伝えてしまうこと。これで終わりです。

嫌な理由を伝え拒否すればいいだけです。あなたは恩を着る義務がなく拒否権があるのですから、あなたの権利を行使してください。その結果、助けてもらえなくなってもそれは普通です。助ける義理がないのに助けてくれていた相手に恩を感じて感謝する必要があったことを知ることができます。

自分のことを自分で出来ないのなら、あなたのことをしてくれる人に恩を感じ、着る必要がありますよね。他人のおかげであなたが成立するのですから、全てに感謝し続けて恩を着て、相手に不快感を与えないように下手に出て生きていくことが良いと思います。

自分のことが出来ないのですから自分で選択している生き方で相手が恩着せがましいのではなく、実際に恩を着ているんです。

そこを理解できていない場合、相手があなたを切る判断をした場合、困るのはあなただけです。